コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリオアマツバメ ハリオアマツバメ Hirundapus caudacutus; white-throated needletailed swift

2件 の用語解説(ハリオアマツバメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリオアマツバメ
ハリオアマツバメ
Hirundapus caudacutus; white-throated needletailed swift

アマツバメ目アマツバメ科。全長 21cm。頭上と尾は藍黒色で光沢があり,背は灰褐色。額と喉は白く,胸以下の下面は暗褐色であるが,下尾筒は白い。その名のように尾羽の先は羽軸が突出して針状になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリオアマツバメ
はりおあまつばめ / 針尾雨燕
whitethroated needle-tailed swift
[学]Chaetura caudacuta

鳥綱アマツバメ目アマツバメ科の鳥。全長約23センチメートル。アマツバメ科のなかでは最大種の一つで、尾羽の先端が針状である特徴をもつ。これは、岩や幹に垂直に止まるときに体を支えるための適応である。アジア東部に分布し、極東のものは冬季、オーストラリアまで渡る。日本では夏鳥として渡来し、本州中部地方以北で繁殖する。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハリオアマツバメの言及

【アマツバメ(雨燕)】より

…熱帯地方を中心にほぼ全世界に分布する。鳥類中でもっとも空中生活に適応し,ハリオアマツバメ類の大型種は鳥類中で最高の飛翔速度をもつといわれる(一説には日本のハリオアマツバメで200km/h)。すべて鎌状の長い翼と黒色系のじみな体色をもち,巣づくりにそれぞれ特徴がある。…

※「ハリオアマツバメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハリオアマツバメの関連キーワードアナツバメカンムリアマツバメヒメアマツバメ穴燕雨燕雨黒燕つばめKITCHENつばめグリルツバメノートアマツバメ(雨燕)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハリオアマツバメの関連情報