コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハワイアン・ミュージック Hawaiian music

世界大百科事典 第2版の解説

ハワイアン・ミュージック【Hawaiian music】

ハワイ諸島の民俗音楽に,欧米の音楽の要素が加わって成立した音楽。単に〈ハワイアン〉ともいう。ハワイ諸島原住のポリネシア系のカナカ族は,無伴奏の歌オリ,打楽器(ひょうたんの〈イプ〉,竹のささらプーイリ〉など)と踊り(フラ)などをもっていた。19世紀にアメリカ人によりキリスト教賛美歌が持ち込まれて西洋式のメロディとハーモニーを吸収し,さらにメキシコ人によりギター,ポルトガル人により小型ギターが紹介されることによって,スラック・キーslack key(独自の調弦と演奏法によるハワイの民俗的ギター奏法),スチール・ギターウクレレが考案され,19世紀末には《アロハ・オエAloha Oe》(リリウオカラニ女王が1878年に作った)に代表されるハワイアンの古典様式が完成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ハワイアン・ミュージックの関連キーワードブランコ ~ブーワンの歌~ネイザン アウェアウバリー フラナガンチェリッサ カーネスライド・ギタースチール・ギターハワイアン音楽裏声

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android