コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハワイアン・ミュージック Hawaiian music

1件 の用語解説(ハワイアン・ミュージックの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハワイアン・ミュージック【Hawaiian music】

ハワイ諸島の民俗音楽に,欧米の音楽の要素が加わって成立した音楽。単に〈ハワイアン〉ともいう。ハワイ諸島原住のポリネシア系のカナカ族は,無伴奏の歌オリ,打楽器(ひょうたんの〈イプ〉,竹のささら〈プーイリ〉など)と踊り(フラ)などをもっていた。19世紀にアメリカ人によりキリスト教の賛美歌が持ち込まれて西洋式のメロディハーモニーを吸収し,さらにメキシコ人によりギターポルトガル人により小型ギターが紹介されることによって,スラック・キーslack key(独自の調弦と演奏法によるハワイの民俗的ギター奏法),スチール・ギターウクレレが考案され,19世紀末には《アロハ・オエAloha Oe》(リリウオカラニ女王が1878年に作った)に代表されるハワイアンの古典様式が完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハワイアン・ミュージックの関連キーワード篠笛ハワイアン音楽ハワイ諸島マウナケアファンクフォルクローレセガ古典音楽洋楽小島美子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハワイアン・ミュージックの関連情報