コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーフェル[川] Havel

世界大百科事典 第2版の解説

ハーフェル[川]【Havel】

ドイツ北東部の北ドイツ平野を流れるエルベ川の右岸支流。全長341km。メクレンブルク湖沼群域内,ノイシュトレリッツ付近の沼沢地に源を発し,ほぼ南流してベルリン西郊を流れる。ここでシュプレー川を合わせ,ハーフェルラントと呼ばれる低湿地を西流してエルベ川に注ぐ。オーデル・ハーフェル運河,ルピナー運河,エルベ・ハーフェル運河,リン運河など多くの運河と結ばれ,水運に利用されている。【武田 むつみ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハーフェル[川]の言及

【ブランデンブルク】より

…プロイセン王国の中核となったドイツの領邦(ラント)。ドイツの北東部,エルベ川の西岸からオーデル川にいたる一帯を占め,ハーフェルHavel川とシュプレー川がこの地域の主要な水路をなす。土地はあまり肥沃でなく,沼沢が多い。…

【ブランデンブルク】より

…プロイセン王国の中核となったドイツの領邦(ラント)。ドイツの北東部,エルベ川の西岸からオーデル川にいたる一帯を占め,ハーフェルHavel川とシュプレー川がこの地域の主要な水路をなす。土地はあまり肥沃でなく,沼沢が多い。…

※「ハーフェル[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android