ミケーネ文明(読み)ミケーネぶんめい(英語表記)Mycenaean civilization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ミケーネ文明」の解説

ミケーネ文明
ミケーネぶんめい
Mycenaean civilization

ギリシア本土で発展した青銅器時代後期の文明。中期ヘラディック文明ミノア文明 (→クレタ文明 ) の影響を強く受けて成立したと考えられ,特に前 14~12世紀にかけて個性的な展開をみせた。遺跡としては,ミケーネアトレウス宝庫 (アトレウスの墓) ,獅子門を含む城塞跡などが有名。ミケーネ,チリンス,ピュロスに王宮跡があり,ピュロスおよびクノッソスから多数出土した線状B文字記載の粘土板文書は,経済や制度を知る貴重な史料である。 M.ベントリス解読によれば,ミケーネ文明はギリシア人をにない手とし,小規模ながらもアジア的専制君主国家に近い形態に達していた。前 12世紀に小王国相互の内戦によって衰退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ミケーネ文明」の解説

ミケーネ‐ぶんめい【ミケーネ文明】

前16世紀から前12世紀にかけて、ミケーネを中心に栄えた、エーゲ文明後期の青銅器文明。北方からのアカイア人クレタ文明の影響を受けて形成、ギリシャ文明先駆をなしたが、ドリス人の侵入によって滅亡シュリーマンによって再発見された。ミュケナイ文明

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「ミケーネ文明」の解説

ミケーネ文明
ミケーネぶんめい
Mykenai

エーゲ文明の後期(前1500 (ごろ) 〜前1200 (ごろ) )にミケーネ(ミュケナイ)・ティリンスなどを中心に栄えたアカイア人の文明
ギリシア本土のミケーネ・ティリンス・ピュロス・オルコメノスなどが中心で,エーゲ文明前期のクレタ文明を滅ぼしながらも,その影響を強く受けた青銅器文明が発展した。壁画などはクレタ風であるが,巨石による堅固な城壁や円形墳墓などには北方的・戦闘的特色を残しており,この文明で使用された文字は線文字Bと呼ばれる。ドーリア人の侵入によって滅亡し,長く忘れられていたが,19世紀にドイツ人考古学者シュリーマンのトロヤ発掘によって明らかにされた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「ミケーネ文明」の解説

ミケーネ‐ぶんめい【ミケーネ文明】

〘名〙 エーゲ文明の後期に当たる青銅器文明。ギリシア本土のミケーネを中心とし、紀元前一六〇〇年から、ドリス人の侵入によって滅亡する前一二〇〇~前一一〇〇年まで続いたギリシア人による文明。クレタ文明と関係が深く、海上交易権を得て黄金時代を築き、キプロス島テッサリアトロイなど周辺に広く波及した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android