コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュケナイ文明 ミュケナイぶんめい

大辞林 第三版の解説

ミュケナイぶんめい【ミュケナイ文明】

エーゲ文明の後期、紀元前一五世紀から前一二世紀にかけてミュケナイを中心に栄えた文明。ドリス人の侵入によって滅亡。クレタ文明を受け継ぐが、堅固な城壁と炉を備えた宮殿や仮面・杯などの金工術に特徴がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ミュケナイ文明【ミュケナイぶんめい】

ギリシア,ペロポネソス半島のアルゴリス地方の山に囲まれた要害の地ミュケナイを中心に栄えたエーゲ文明後期の青銅器文明。前2000年ころ南下したギリシア人ミノス文明クレタ文明)を吸収して築いた。
→関連項目アカイア人ギリシア(古代)テーベパフォスミュケナイ文書

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミュケナイぶんめい【ミュケナイ文明】

アルゴリスのミュケナイを中心として栄えたギリシア本土の青銅器文明。後期ヘラドス文化にあたり,前1600年ころから前1200年ころまで続いた。新来のインド・ヨーロッパ語系諸族が先住民と融合して発達させてきた中期ヘラドス文化は,ミノス文明に接触すると大変化を起こした。すなわち従来の農業・牧畜を主とする社会は果樹栽培と海上貿易というエーゲ的生活に入り,そこに強大な勢力が出現し,文化はミノス文明の系統に転換する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のミュケナイ文明の言及

【エーゲ文明】より

…ともあれ,非インド・ヨーロッパ語系だったエーゲ世界はこの時期にギリシア語化がはじまるとの説が強い。そして新来民は先在文化を吸収して成長し,後期ヘラドス文化はミュケナイ文明になる。
[ミノス(クレタ)文明]
 クレタ島にも新石器文化の遺跡があるが,青銅の使用を知る多くの移住者をむかえると,急に開発される。…

【ギリシア】より

…こうした特徴をもつ共同体がギリシアにおいて(ローマの共和政期にも同じような共同体が展開したが)典型的に発展した原因は,大きく見れば,ギリシア人の原始共同体が先進オリエント文明の影響を摂取しつつ自己を文明化したことに求められる。後述するように,ポリスよりも古い形態の国家をつくりあげたミュケナイ文明の世界において,これを支える共同体内部にすでに耕地の私的所有が発生していたことは注目すべきことで,オリエントにおける国家形成が強大な専制君主国家を生んだのとは異なり,ギリシアでは王権の発達が未熟で,やがて王国が没落してポリスが貴族の階級的結集による政権独占として成立しえたのも,これが根本原因であったと推定される。 ミュケナイ時代から古拙時代への移行は,諸市のアクロポリスから王宮が消滅し,代わって守護神の神殿が建つようになる,という事実に端的に現れた。…

【ギリシア神話】より

…彼らはこの先進文明を吸収しつつ前15ないし前14世紀には独自の文化を築き上げた。これがミュケナイ文明である。ミュケナイ文明がわれわれが知るギリシア文化として蘇生するためには,前12世紀から始まる新しいギリシア人の移入によって引き起こされた400年ほどの動乱の時代をかいくぐらねばならなかったが,こうした歴史的経過からも予測されるように,ギリシア神話にも大別して,北方より持ち来たったインド・ヨーロッパ的要素,地中海先住民に由来する要素,文化形成途上にオリエントとりわけ西アジアなどから取り入れられた要素の三つが指摘される。…

【シュリーマン】より

…ドイツの考古学者。ミュケナイ文明ミノス文明の発見者。北ドイツの貧しい牧師の子に生まれたが,少年時代にホメロスの物語に魅了されてトロイアの都の実在を信じ,その発掘を決意する。…

※「ミュケナイ文明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミュケナイ文明の関連キーワードアガメムノンシュリーマンティリュンスギリシア美術オルコメノスミケーネ文明ギリシア語クレタ文字ティリンス水中考古学アトレウスメガロンミケナイドリス人イオニアピュロスドリストロス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android