コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイキング美術 バイキングびじゅつViking art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイキング美術
バイキングびじゅつ
Viking art

8~11世紀に活躍したスカンジナビアバイキング固有の美術。動物文様や7~8世紀アイルランドの鎖と似た曲線構成のグロテスクな装飾文がつけられた武器祭器,首飾り,締め金,特に遠征を記録したルーン文字を刻んだ石はすぐれ,船のデザインの発達はめざましい。建築では共同住宅が注目に値する。 11世紀後半からキリスト教の流布により,ヨーロッパ的なものと混合したが,スカンジナビア地方が政治的,文化的にヨーロッパ圏内に入ってからもなお土俗的な部分に残された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バイキングびじゅつ【バイキング美術】

8世紀末から11世紀前半にかけてスカンジナビアを基地として海洋および河川を利用して東西および南方に広く進出した北方ゲルマン人,バイキングの残した美術。古くは5世紀ごろにまでさかのぼる。北フランスおよび地中海方面に定着したバイキングの一派,いわゆるノルマン人の美術はやがてロマネスク美術に吸収されてその一流派を形成することとなる。しかしそれ以外のものは,スカンジナビア美術史の一時期を占めるものと考えてよい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バイキング美術の関連キーワードノルウェー美術

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android