バイト(工作機械)(読み)ばいと(英語表記)cutting tools

日本大百科全書(ニッポニカ)「バイト(工作機械)」の解説

バイト(工作機械)
ばいと
cutting tools

旋盤、形削り平削り盤、立て削り盤、中ぐり盤などの工作機械で使用される切削工具。基本的には刃部とシャンク部によって構成され、構造による分類、形状による分類、機能または用途による分類が可能である。バイトの刃部の材質には、高速度鋼、超硬合金、サーメットセラミックスCBN(立方晶窒化ホウ素)などがある。高速度鋼での切削速度の限界は30メートル毎分程度であったが、セラミックス、CBNなどでは1000メートル毎分の高速切削が可能となり、従来不可能であった難削材の加工も行うことができる。

 鋼材を旋盤で削ると、切屑(くず)が切れずに連続して排出され、刃物台や工作物に絡まり、刃物や工作物に損傷を与えるので、バイトの刃部にチップブレーカーを設け、強制的に切屑を分断している。このチップブレーカーは切屑処理対策として重要な役割を果たしており、刃部のスローアウェー(使い捨て)化に伴って、いろいろな形状のブレーカーがつくられている。

[清水伸二]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる