コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バザン硬結性紅斑 バザンこうけつせいこうはんerythema induratum Bazin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バザン硬結性紅斑
バザンこうけつせいこうはん
erythema induratum Bazin

結核疹 (→皮膚結核 ) の一つ。おもに女性の下腿,ときに前腕暗赤色の鳩卵大ぐらいまでの皮下結節性病変が多発する。通常,全身症状を伴わないが,結核初感染後に発病した場合は,発熱,関節痛などを伴うことがある。結節性病変はのちに軟化し,瘻孔を形成して,内容物が皮表に排出されることがある。組織学的には真皮深層,皮下組織壊死,変性を伴い,類上皮細胞や,ラングハンス巨細胞の増殖を認める肉芽腫で,ときに血管病変 (動静脈炎) がある。本症の発病には結核との関係は必ずしも明確ではなく,循環障害が関与するといわれる。アメリカでは結節性血管炎と呼ぶことが多い。 A.バザンはフランスの皮膚科医 (1807~1878) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バザンこうけつせいこうはん【バザン硬結性紅斑 erythema induratum Bazin】

フランスの皮膚科医バザンAntoine P.E.Bazin(1807‐78)がはじめて記載した病気で,皮膚結核の一つ。日本では最も多い結核疹である。下腿に好発し,暗赤色の皮下硬結(しこり)を数個生じる。大きさは鶏卵大ほどのもので,それらが融合することもある。自覚症状として重い感じがあり,ときに軽い痛みがある。中央が軟化し潰瘍となることもあるが,ここから結核菌を見つけることは困難である。病理学的には皮下脂肪の結核性肉芽腫性炎というべきもので,血管炎を有する場合もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android