コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚結核 ひふけっかく skin tuberculosis

5件 の用語解説(皮膚結核の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皮膚結核
ひふけっかく
skin tuberculosis

結核菌感染によって生じた皮膚病変の総称で,次の3群に大別される。 (1) 真性皮膚結核 病巣が限局しており,病巣部に結核菌が陽性に出るもの。 (2) 皮膚粟粒結核 粟粒結核症の病巣から菌が血行性に散布されて皮膚病変を生じたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

皮膚結核【ひふけっかく】

結核菌または結核菌の産生する毒素により生じた皮膚病の総称。尋常性狼瘡(ろうそう)のほか,角質増殖の著しい疣贅(ゆうぜい)様皮膚結核症,皮下リンパ腺・骨などの結核から病変が皮膚に及ぶ皮膚腺病などがある。
→関連項目結核太陽灯丸山千里

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

ひふけっかく【皮膚結核】

 皮膚結核は結核菌による皮膚病変で、病変部に結核菌の存在が証明できる真性皮膚結核(しんせいひふけっかく)と、証明できない結核疹(けっかくしん)(結核アレルギーといわれます)とに分けられます。現在では、高齢者を除き、その発病はまれ(結核疹はさらにまれ)になっています。
 真性皮膚結核の症状は、顔面に紅褐色で形の不ぞろいなぶつぶつ尋常性狼瘡(じんじょうせいろうそう))ができたり、四肢(しし)(手足)にいぼ状の皮疹(ひしん)(皮膚疣状結核(ひふゆうじょうけっかく))ができたり、関節やリンパ節の周囲に潰瘍(かいよう)や瘻孔(ろうこう)(皮膚腺病(ひふせんびょう))ができたりします。
 治療は抗結核療法を行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

ひふけっかく【皮膚結核 tuberculosis cutis】

結核菌による皮膚の慢性炎症BCG接種部位に生じるものは直接局所に菌が入ったために起こるものだが,それ以外はいったん肺など体内に入った結核菌が血液を通して皮膚に達して病変を生じたものである。病理学的には,結核性肉芽をつくり,乾酪壊死(組織が壊死してチーズ状になった状態)をかこんで類上皮細胞ラングハンス巨細胞などが集合するのが特徴である。大きく真正皮膚結核と結核疹とに分けられる。前者は結核菌が皮膚組織内に侵入して生じた病変で,尋常性狼瘡(ろうそう),皮膚腺病,疣状(ゆうじよう)結核などがあり,限局した病変をつくって,そこからはしばしば結核菌がみつかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皮膚結核
ひふけっかく

結核菌によっておこる皮膚の病変をいい、真正皮膚結核と結核疹(しん)の2種類がある。真正皮膚結核は、結核菌が他の臓器の結核(たとえば肺結核、腎(じん)結核など)から血行性に皮膚に運ばれたり、リンパ節、骨、内臓の結核から連続性に皮膚を冒したり、外傷から皮膚に感染したりしておこるもので、結核菌そのものによっておこる病変をいう。結核疹は微量の結核菌や菌の成分(毒素)に対するアレルギーとしておこるもので、体質的因子が関与し、普通は病変部に結核菌が証明されない。
 真正皮膚結核の代表的なものに尋常性狼瘡(ろうそう)、皮膚疣状(ゆうじょう)結核、皮膚腺病(せんびょう)、結核疹の代表的なものにバザン硬結性紅斑(こうはん)、丘疹状壊疽(えそ)性結核疹、顔面播種(はしゅ)状粟粒(ぞくりゅう)性狼瘡がある。(1)尋常性狼瘡 おもに顔、ときに体の他の部位にも生じ、赤みを帯びた黄色い丘疹(狼瘡結節)が集まって広がり、境界の明瞭(めいりょう)な、わずかに盛り上がりやや硬く触れる赤みがかった病変となり、潰瘍(かいよう)や瘢痕(はんこん)をつくる。ときにかゆみがあるが、自覚症状はほとんどない。(2)皮膚疣状結核 手足や臀部(でんぶ)などの外傷を受けやすい部位に生じ、境界明瞭な、盛り上がって表面がざらざらした病変をつくる。自覚症状はほとんどない。(3)皮膚腺病 頸部(けいぶ)リンパ節結核から連続性に生ずることが多く、リンパ節とその上の皮膚が赤みを帯びて腫(は)れ、面内に潰瘍や瘻孔(ろうこう)をつくる。(4)バザン硬結性紅斑 おもに下腿(かたい)に生じ、皮膚の深部に指先くらいの大きさのしこりが散在性にばらばらと生じ、その上の皮膚は赤く腫れて圧痛がある。(5)丘疹状壊疽性結核疹 おもに胸、背、肘(ひじ)、膝(ひざ)に生じ、周囲は赤みが強く中央に膿(うみ)をもったアズキ大の丘疹が散在し、自覚症状は軽い。(6)顔面播種状粟粒性狼瘡 顔の目の周囲、眉間(みけん)、ほお、おとがいなどに、アワ粒大からケシ粒大の赤い丘疹が多発し、ときに中央に膿をもつ。軽いかゆみや熱感を伴うことが多い。
 現在、真正皮膚結核は他の結核と同様に非常に減少したが、結核疹は現在でもしばしばみられる。皮膚結核に似た病気は多いので、かならず皮膚科専門医による検査、とくに組織検査がたいせつである。真正皮膚結核には、パス、イソニアジド、ストレプトマイシン、カナマイシン、エタンブトール、リファンピシンなどの抗結核剤が非常に有効で、副作用や耐性菌を考慮してこれらの二者あるいは三者をうまく組み合わせて治療する。結核疹は抗結核剤のみでは治りにくく、再発を繰り返すことも多いので、抗アレルギー剤などを併用し、長期にわたる治療が必要である。[野波英一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皮膚結核の関連キーワード結核菌皮膚病非結核性抗酸菌症偽結核食事性結核コッホ現象パローの法則類似リンパ節病変の法則眼結核

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone