コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッキー白片 バッキー しらかた

3件 の用語解説(バッキー白片の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

バッキー白片 バッキー-しらかた

1912-1994 昭和-平成時代の音楽家。
明治45年4月16日ホノルル生まれ。日系2世。昭和7年「バッキー白片アロハハワイアンズ」を結成し,10年から日本に永住。スチールギター第一人者として,戦後のハワイアンブームをきずく。「アロハ・オエ」「珊瑚礁の彼方」などの編曲も手がけた。平成6年7月13日死去。82歳。ハワイ大卒。本名は白片力(つとむ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

20世紀日本人名事典の解説

バッキー白片
バッキーシラカタ

昭和・平成期のハワイアン演奏家,バンド・リーダー バッキー白片とアロハ・ハワイアンズ主宰。



生年
明治45(1912)年4月16日

没年
平成6(1994)年7月13日

出生地
ハワイ・ホノルル

本名
白片 力(シラカタ ツトム)

学歴〔年〕
ハワイ大学医学部医学科〔昭和10年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本レコード大賞顕彰(第21回)〔昭和54年〕,勲四等瑞宝章〔昭和63年〕

経歴
日系2世。バッキーは愛称。小学校時代はウクレレに親しみ、中学でギター、ドラムを学ぶ。大学で医学を専攻しながら、バンド活動を始める。昭和10年“アロハ・ハワイアンズ”を結成して来日。日本に初めてスチールギターを紹介し、人気を集めた。12年帰化。戦後は“バッキー白片とアロハ・ハワイアンズ”として灰田勝彦、大橋節夫らとハワイアン音楽の全盛時代を築いた。スチールギターの演奏の他、ダンスオーケストラドラマーとしても活躍。また和田弘、エセル中田ら多くの新人を育て、石原裕次郎ヒット曲「俺はお前に弱いんだ」や「ホノルル娘」「ブルーハワイ」「南国の夜」「島は常夏」などの作曲を手がけた。61年3月ハワイ音楽と文化を日本に広めた功績で、ハワイ州知事より表彰を受けた。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

バッキー白片
バッキーシラカタ


職業
スティール・ギター奏者 作曲家

本名
白片 力(シラカタ ツトム)

グループ名
グループ名=バッキー白片とアロハ・ハワイアンズ

生年月日
明治45年 4月16日

出生地
ハワイ・ホノルル

学歴
ハワイ大学医学部医学科〔昭和10年〕卒

経歴
日系2世。父は山口県からハワイに渡った移民1世で、建築業を営んだ。二男として生まれ、欧名としてレイモンドを名乗った。バッキーは愛称。小学校時代はウクレレに親しみ、中学でギター、ドラムを学び、17歳から自宅でスティール・ギターを演奏。昭和8年ハワイ大学進学のためにやってきた灰田有紀彦のインタビュー記事を地元紙で読んで知遇を求め、日本行きを相談。大学の最終学年にいるのだから卒業後に来日するように勧められたが気持ちを抑えきれず、友人たちとアロハ・ハワイアン・トリオを結成して来日、日本コロムビアで「アカカの滝」「フイ・エ」を録音した。9年いったん大学に戻り、10年無事に卒業して改めて来日。この時、初めて日本に電気を用いたスティール・ギターを持ち込んだ(それまではアコースティックのスティール・ギターしか入ってきていなかった)。12年日本に帰化。東松二郎、佐野鋤、奥田宗宏らのバンドを経て、15年バッキー白片とアロハ・ハワイアンズを結成、第1回発表会を開催したが、16年には太平洋戦争が始まったためバンドの一時解散を余儀なくされた。自身はNHK東京放送管弦楽団に入ってギターとドラムを担当し、17年皇軍慰問芸術団のメンバーとして佐野らと南方戦線慰問に参加。その後、ディック・ミネのバックバンドの一員として終戦を迎えた。戦後もしばらくミネのバンドを続けた後、22年アロハ・ハワイアンズを再編。以降、灰田有紀彦・勝彦兄弟や大橋節夫らとハワイアン音楽の全盛時代を築くも、28年バンドから山口銀次、和田弘らが脱退。和田や黒沢明、エセル中田ら多くの新人を育て、石原裕次郎のヒット曲「俺はお前に弱いんだ」などの作曲を手がけた。

受賞
勲四等瑞宝章〔昭和63年〕 日本レコード大賞顕彰(第21回)〔昭和54年〕,ハワイ州知事表彰〔昭和61年〕

没年月日
平成6年 7月13日 (1994年)

家族
長男=白片 与(ミュージシャン),二男=白片 修(ミュージシャン)

伝記
歌は波間によみがえれ 南条 岳彦 著(発行元 講談社 ’86発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバッキー白片の言及

【スチール・ギター】より

…その後,楽器の改良が進み,フットペダルで調弦を変えることのできるペダル・スチールが今では一般に使用されている。日本へは戦前にバッキー白片(1912‐94)などが紹介し,電気化以前の素朴なスチール・ギターの音色が歌謡曲の伴奏に取り入れられた例も多かった。スライド・ギター【中村 とうよう】。…

※「バッキー白片」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バッキー白片の関連キーワード岸辺成雄小島美子属啓成渡辺裕遠山一行丹羽正明野村良雄平井正(1)皆川達夫石田一志

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バッキー白片の関連情報