コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッタンバン Bǎtdâmbâng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッタンバン
Bǎtdâmbâng

別綴 Battambang。カンボジア西部の都市。首都プノンペンの北西約 250kmにある。中国系住民の活動によりおもに商業中心地として発展した町で,トンレサップ湖北西岸の肥沃な米作地帯を背後に控え,米を中心に,綿花,カカオ,ジュートサトウキビカルダモンなどの農産物を集散する。プノンペンと鉄道,道路で結ばれる。人口4万 5000 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バッタンバン

カンボジア北西部の都市。トンレ・サップ湖西方にあり,プノンペンからバンコクへの鉄道の要地同国有数の稲作地帯の中心で,精米,ビール,ジュート袋工場などがある。古くからのタイ(シャム)との係争地

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バッタンバン【Battambang】

カンボジア北西部,トンレ・サップ湖西方にある市で,同名州の州都。人口約1万(1984)。首都プノンペンの北西約250km,国道と鉄道が通じる。1795年にシャム(タイ)領に編入されたが,1907年のフランス・シャム条約により回復した。トンレ・サップ湖に流れ込むサンケ川の河岸に開けた町で,幅広い道路と緑の多い近代的な市街をもち,名刹ワット・ポーなどがある。市は農産物の集散地であるが,この地方はカンボジア第2の穀倉地帯で,近くに米作のプランテーションがあり,農業試験場があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バッタンバン
ばったんばん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バッタンバンの関連キーワードナン・スベックラコーン・コルロン・ノル