コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナリテ banalité; bannus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バナリテ
banalité; bannus

ヨーロッパ,特に中世のフランス,ドイツで,荘園領主が独占的に所有する設備の使用を領民に強制した領主権。「禁制権」と訳される。封建地代の一種とみなされる。領主は,領民の日常生活に必要な設備を独占的に所有,これを領民に強制的に使用させ使用料を徴収した。この設備には,パン焼き窯,製粉場(水車小屋),ブドウ圧搾設備,羊毛の縮絨(しゅくじゅう)場,染色設備,製材場などが含まれ,領民がこれらの施設を所有することは禁じられた。これら設備は荘園制の衰退とともに富農に賃貸される例も多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バナリテ【banalités[フランス]】

西欧中世の領主が,バンBannと呼ばれる支配権に基づいて一定の領域に大型の生産施設を設置し,それらを住民に強制的に使用させていた制度。対象となる施設は風車・水車を備えた製粉場(粉ひき),パン焼きとビール造りに用いられるかまど,ブドウの搾り器などで,領民の資力では困難なこれらの建設を,いわば恩恵的に実行した領主は,同時にそれらの所有を独占していた。そして,管理を領民の有力者に請け負わせながら,挽かれる穀物の20分の1というように,そこで処理される物資の一定割合を徴収していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バナリテの関連キーワード領主領

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android