コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナリテ バナリテ banalité; bannus

2件 の用語解説(バナリテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バナリテ
バナリテ
banalité; bannus

「禁制権」と訳される。ヨーロッパ,特に中世のフランスドイツ荘園領主が領民に独占的に領主所有設備の使用を強制した領主権。封建地代の一種とみなされる。領主は,領民の日常生活に必要な設備を独占的に所有,これを領民に強制的に使用させ使用料を徴収した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バナリテ【banalités[フランス]】

西欧中世の領主が,バンBannと呼ばれる支配権に基づいて一定の領域に大型の生産施設を設置し,それらを住民に強制的に使用させていた制度。対象となる施設は風車・水車を備えた製粉場(粉ひき),パン焼きとビール造りに用いられるかまどブドウの搾り器などで,領民の資力では困難なこれらの建設を,いわば恩恵的に実行した領主は,同時にそれらの所有を独占していた。そして,管理を領民の有力者に請け負わせながら,挽かれる穀物の20分の1というように,そこで処理される物資の一定割合を徴収していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バナリテの関連キーワード井料給地フォルマリアージュ封土マンモルト御呼ばれ万戸呼ばれる領主権ワリャーギ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バナリテの関連情報