コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマド

デジタル大辞泉の解説

かま‐ど【×竈】

《「ど」は処の意》
土・石・煉瓦(れんが)などでつくった、煮炊きするための設備。上に釜や鍋をかけ、下で火をたく。へっつい。かま。
独立して生活する一家。所帯。「を分ける」
生活のよりどころとなるもの。家財道具。
「家―なくして、たよりなからむ人」〈宇津保・藤原の君〉

くど【×竈】

かまど。へっつい。
「―の前で、火ィくべてなさるでェ」〈有吉・助左衛門四代記〉
かまどの後方にある煙出しの穴。〈和名抄

へ【×竈】

かまど。へっつい
「慎(ゆめ)、よもつ―ものを莫(な)食ひそ」〈霊異記・中〉

へ‐つ‐い〔‐ひ〕【×竈】

《「竈(へ)つ霊(ひ)」または「竈(へ)つ火(ひ)」の意》
かまどを守る神。
「内膳、御―渡し奉りなどしたる」〈能因本枕・九二〉
かまど。へっつい。〈日葡

へっ‐つ‐い〔‐ひ〕【×竈】

《「へつい」の促音添加》かまど

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

竈【かまど】

煮たきをする施設で,一般に壁などに面し,焚口(たきぐち),煙道がつく。日本では古墳時代中期ごろの竪穴(たてあな)住居跡に竈の施設が見られ,以後,奈良・平安時代を通じ長く用いられてきた。
→関連項目ヘスティア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

かまど【竈】

土・石・れんがなどで囲いを作り、中で火をたいてその上に鍋や釜をかけ、煮炊き湯沸かしをする設備。◇「竈(かま)処(ど)(=ところ)」の意。「へっつい」「くど」ともいう。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【窯】より

…これは穴の中で缶(ほとぎ)を焼成することを意味する。日本の竈は炊事のカマドから出ており,釜という字も用いられたが,明治以降は窯の字が一般化している。 日本では最古の縄文土器を焼成した窯はまだ知られていない。…

※「竈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竈の関連キーワード竈の神祭り・竈の神祭・竃の神祭り・竃の神祭宮城県塩竈市一森山茶酒盛り・茶酒盛タンドリーチキン大分県別府市野田民の竈・民の竃竈風呂・竃風呂竈の下の灰まで竈の神・竃の神竈食ひ・竃食ひ御竈を起こす伊藤 仙太郎ひょっとこ竈役・竃役竈祓・竃祓志波彦神社竈屋・竃屋竈神・竃神御竈の祓竈形土器

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竈の関連情報