コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カマド

7件 の用語解説(竈の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かま‐ど【×竈】

《「ど」は処の意》
土・石・煉瓦(れんが)などでつくった、煮炊きするための設備。上に釜や鍋をかけ、下で火をたく。へっつい。かま。
独立して生活する一家。所帯。「を分ける」
生活のよりどころとなるもの。家財道具。
「家―なくして、たよりなからむ人」〈宇津保・藤原の君〉

くど【×竈】

かまど。へっつい。
「―の前で、火ィくべてなさるでェ」〈有吉・助左衛門四代記〉
かまどの後方にある煙出しの穴。〈和名抄

へ【×竈】

かまど。へっつい。
「慎(ゆめ)、よもつ―ものを莫(な)食ひそ」〈霊異記・中〉

へ‐つ‐い〔‐ひ〕【×竈】

《「竈(へ)つ霊(ひ)」または「竈(へ)つ火(ひ)」の意》
かまどを守る神。
「内膳、御―渡し奉りなどしたる」〈能因本枕・九二〉
かまど。へっつい。〈日葡

へっ‐つ‐い〔‐ひ〕【×竈】

《「へつい」の促音添加》かまど

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

竈【かまど】

煮たきをする施設で,一般に壁などに面し,焚口(たきぐち),煙道がつく。日本では古墳時代中期ごろの竪穴(たてあな)住居跡に竈の施設が見られ,以後,奈良・平安時代を通じ長く用いられてきた。
→関連項目ヘスティア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

食器・調理器具がわかる辞典の解説

かまど【竈】

土・石・れんがなどで囲いを作り、中で火をたいてその上に鍋や釜をかけ、煮炊き湯沸かしをする設備。◇「竈(かま)処(ど)(=ところ)」の意。「へっつい」「くど」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【窯】より

…これは穴の中で缶(ほとぎ)を焼成することを意味する。日本の竈は炊事のカマドから出ており,釜という字も用いられたが,明治以降は窯の字が一般化している。 日本では最古の縄文土器を焼成した窯はまだ知られていない。…

※「竈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竈の関連キーワード努・土・奴・度・弩・怒・駑何処の馬の骨腸持ち此処の所隠り処の敷き煉瓦

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竈の関連情報