コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルデス半島 バルデスハントウ

4件 の用語解説(バルデス半島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バルデス‐はんとう〔‐ハンタウ〕【バルデス半島】

Península Valdésアルゼンチン南東部、チュブト州にある、大西洋突き出す半島。ミナミゾウアザラシやミナミセミクジラの繁殖地として知られ、1999年、「バルデス半島」の名で世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バルデス半島【バルデスはんとう】

アルゼンチン南部,パタゴニアの南大西洋に突き出した半島。絶壁や潟,磯など複雑な地形から成る半島で,サン・マティアス湾とヌエボ湾に囲まれている。ゾウアザラシ,ペンギンシャチなど多くの海洋哺乳類や鳥類が生息する貴重な地域となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産詳解の解説

バルデスはんとう【バルデス半島】

1999年に登録されたアルゼンチンの世界遺産(自然遺産)で、チュブト州北東部にあるサン・マティアス湾とヌエボ湾に囲まれた面積3600km2の半島。パタゴニアに生息する海生哺乳類の保護のために、陸地、空域、周辺3海里の海域が「バルデス半島自然保護区」とされている世界的に重要な地域で、絶滅の危機にさらされるミナミセミクジラやミナミゾウアザラシ、マゼランペンギン、固有種のパタゴニアアシカ、パタゴニアウサギグアナコ(野生のラマ)、チコハイイロギツネなどが生息している。鳥類も多く飛来し、66種の渡り鳥を含む181種の鳥類が確認されている。この自然の宝庫を守るため、世界遺産に登録された。◇英名はPenínsula Valdés

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

バルデスはんとう【バルデス半島】

アルゼンチン南部、チュプト州の北東部にある半島。ブエノスアイレスから約1400kmに位置し、大西洋に突き出た幅5kmほどの陸地が大陸とつながる半島である。北はサンマティアス湾、南はヌエボ湾で、パタゴニア沿岸には海洋動物の保護区が数多くあるが、そのなかでも群を抜いて多くの動物が生息している。半島の周囲には未舗装の道が通り、クジラやシャチ、ペンギン、ゾウアザラシ、オタリア、海鳥などを間近に観察でき、ここでしか見られないパタゴニアゾウも生息している。1999年、「バルデス半島自然保護区」として世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルデス半島の関連キーワードフフイイグアス国立公園フォークランド戦争アルゼンチン蟻アルゼンチンタンゴイグアスの滝ウプサラ氷河エルカラファテトレレウペリトモレノ氷河

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バルデス半島の関連情報