バルトリン腺炎(読み)ばるとりんせんえん

世界大百科事典内のバルトリン腺炎の言及

【バルトリン腺】より

…導管は左右1本ずつあり,小陰唇の内側部で腟口との境にあるくぼみで,腟前庭に開いている。【藤田 尚男】
[バルトリン腺の病気]
 急性バルトリン腺炎は以前は淋菌によるものが多いとされていたが,最近はブドウ球菌,連鎖球菌,大腸菌,トリコモナスなどによって起こるものが多い。性成熟女性,ことに既婚者に多い。…

※「バルトリン腺炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android