コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脂肪腫 しぼうしゅlipoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脂肪腫
しぼうしゅ
lipoma

皮下,筋肉組織内,漿膜下など,正常な状態で脂肪の存在する部位に発生する良性腫瘍で,限局性,浸潤性に増殖する。腫瘍というより組織異常といえる。びまん型といって,手足や,背中などの体幹部の大きな面積を占めるものもある。浸潤性や成長速度などから,脂肪肉腫とまちがえることがある。脂肪腫にはこのほかに,結合組織性の被膜で包まれ,他の組織から隔離されていて,脂肪腫内に小血管の増殖を伴う血管脂肪腫,あるいは脂肪細胞が真皮内に増殖して母斑をつくる表在性脂肪腫性母斑がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

脂肪腫【しぼうしゅ】

皮下や軟部組織に生じた,脂肪組織の増殖症。柔らかいこぶ様の腫瘤(しゅりゅう)が単発あるいは多発するが,悪性化することはない。自然退消することはほとんどなく,多くの場合,徐々に大きくなり,周辺組織を圧迫することがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

家庭医学館の解説

しぼうしゅ【脂肪腫 Lipoma】

[どんな病気か]
 脂肪組織の細胞が異常に増殖したものです。触れると軟らかく、皮膚面が全体的に盛り上がってみえます。成人の胴体(どうたい)、上腕、大腿(だいたい)にできることが多いようです。血管脂肪腫(けっかんしぼうしゅ)といわれる腫瘍(しゅよう)もよくでき、触れると痛みを感じます。
[検査と診断]
 超音波検査やMRI(磁気共鳴画像装置)検査を行なったうえ、手術で取り出した腫瘍を病理検査して診断を確定します。
[治療]
 局所麻酔をして、腫瘍を取り出す手術を行ないます。腫瘍が、かなり大きい場合や筋肉内などの深いところにある場合は、入院治療が必要なこともあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

しぼうしゅ【脂肪腫】

脂肪細胞が限局的に増殖した良性腫瘍の一。肩・頸部けいぶ・背部・大腿部などに発生する。一般には単独で発生するが、まれに多発する。 → 良性腫瘍

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

脂肪腫の関連キーワードガードナー症候群腎がんのいろいろ腎血管筋脂肪腫食道の良性腫瘍結節性硬化症舌の良性腫瘍皮膚良性腫瘍唾液腺腫瘍軟部腫瘍脊髄腫瘍心臓腫瘍良性腫瘍腎AMLぐりぐり小腸腫瘍胸壁腫瘍腎腫瘍繊維腫髄膜瘤がん

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脂肪腫の関連情報