コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルハラ Valhöll

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルハラ
Valhöll

北欧神話の主神オーディンの住む館の名。「よろこびの家」とも呼ばれる。 540の門があり,各門とも 800人の騎士が並んで入れる幅をもつ。天井は目も届かないほど高く金色の楯を並べたように輝いている。ここでは毎日,宴会が催され,食べきれないほどの料理や蜜酒が出る。オーディンは毎日,殺されてもすぐ生返るという大いのししのセスルムニルを料理し,またバルハラの上におおいかぶさっているイグドラシルの梢にいるヘイズルンという雌やぎが無限に出す蜜酒を出してもてなす。しかし,オーディン自身はぶどう酒しか飲まず,他の食物はその足元にいる2匹のおおかみにやってしまう。バルハラには,戦いの乙女ワルキュルヤによって勇士が連れてこられ,世界の終りが来るまで,毎日オーディンや他の神々とともに,ごちそうを食べたり武芸をして過す。なお,病気や老年で死んだ人間は,バルハラには迎えられず,霧に包まれた地下界に行ってしまう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バルハラ(Valhalla)

北欧神話で、最高神オーディンの宮殿。勇敢に戦って死んだ戦士たちが迎え入れられるという。ワルハラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バルハラ

北欧神話のオーディンの居所。ワルハラ,バルホルとも。〈戦死者の広間〉の意。広壮な館で,戦場で倒れた勇士(エインヘルヤル)がオーディンの命でワルキューレに運ばれて住む一種の楽園。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バルハラ【Valhöll】

北欧神話の主神オーディンが,アースガルズに所有する館の名で〈戦死者の館〉を意味する。エッダの〈グリームニルの歌〉によると,黄金に輝くバルハラは〈喜びの世界〉グラズヘイムに立ち,垂木(たるき)には槍が使われ,屋根は盾でふかれ,ベンチのまわりには鎧が所狭しと置かれている。その門バルグリンドは狼と鷲で飾られている。540の扉があって,世界の終末(ラグナレク)の戦いには,一つの扉から一度に800名の軍勢が打って出る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバルハラの言及

【葬制】より

… 文献で伝えられるゲルマン人の葬制には火葬,土葬,舟葬がある。火葬についてはスノッリ・ストゥルルソンの《ユングリンガ・サガ》によると火葬台の上に置かれた富は天上のバルハラ(戦死者の館)にもって行けること,名士には墓塚が築かれるべきこと,火葬の煙が高く上れば上るほど天での地位が高くなり,副葬品が多ければそれだけあの世でも豊かになると信じられていたことがわかる。火葬の風習は戦士の死後の名誉をなによりも重んずるバイキング時代に天上のバルハラ信仰と結びついたように思われる。…

※「バルハラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バルハラの関連キーワードフギンとムニンゲルマン神話ワルハラ神殿アスガルズ北欧神話楽園神話

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バルハラの関連情報