コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バローインファーネス バローインファーネスBarrow-in-Furness

1件 の用語解説(バローインファーネスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バローインファーネス
Barrow-in-Furness

イギリスイングランド北西部,カンブリア県南西部の都市。周辺を含めてバローインファーネス地区を構成する。県都カーライル南南西約 90km,ファーネス半島南西岸にある港湾都市で,港は沿岸に横たわる細長いウォルニー島により,外洋から守られている。19世紀初めまでは地元に産する赤鉄鉱の積出港にすぎなかったが,1840年代に最初の製鉄所が建設され,ドールトンの鉄鉱山と鉄道で結ばれてから発展し始めた。その後コークスダラムから輸送されるようになり,さらにベッセマー法による製鉄所が立地し,人口が急増。第2次世界大戦後は地元の赤鉄鉱の枯渇により,造船業が重要な産業となった。原子力潜水艦などの潜水艦の建造で知られ,原子力工学の中心地となっている。地区面積 77km2。地区人口 7万1979(2001)。都市人口 4万7194(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone