バンガロール(英語表記)Bangalore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンガロール
Bangalore

インド南西部,カルナータカ州州都。州南東部,デカン高原上の標高 949mに位置。 16世紀に建設され,インド南部の陸上交通の要地として発展,1687年にマイソール藩王国領となってからはその主要都市となった。 1831年から 81年までイギリス支配のもとで行政中心地となり,独立後は国営の大工場が相次いで建設され,商工業都市となった。中心部は家屋が密集する旧市街,南部,北部は格子状の街路の新市街で,航空機,車両,工作機械 (以上国営) ,電気機械,電話機,磁器,石鹸 (以上州営) などの大工場が立地。私企業による製薬,繊維,製紙,農機具製造なども盛ん。マイソール大学の分校のバンガロール大学のほか,国立航空研究所,博物館などがある。人口 265万 659 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バンガロール

デカン高原南部、カルナータカ州の州都で、南インド有数の工業都市。電子産業で知られ、米国の半導体企業などが執進出。人口は600万人とされている。

(2006-04-28 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

バンガロール

インドのデカン高原南部,カルナータカ州の州都。ベンガルールBengaluruとも。南インド有数の工業都市。航空機,織物などの工業が行われる。とくに電子機器,精密機械を含むコンピューター産業は有名。交通の要地。標高950mの高原上に位置し,気候良好の保養地。1537年創設,1760年ハイダル・アーリーが攻略。1791年―1881年英領となり,行政・軍事の中心都市として発展。多数の公園があり,市街は広い街路が特徴的。ターター科学研究所がある。844万3675人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バンガロール【Bangalore】

インド南部,カルナータカ州南東端のデカン高原上にある同州の州都。標高約950m。人口266万(1991),大都市域人口413万(1991)。市の歴史は新しく,1537年の小城塞の建設に始まる。18世紀後半を通じてマイソールの支配者ハイダル・アーリーとティプ・スルターンにより城塞と都市の整備が進められた。つづくマイソール藩王国時代には王宮のあるマイソールに対して,行政上の首都はここにおかれた。市は南西部のシティと呼ばれる旧市と北東部のカントンメントと呼ばれる新市とに分かれ,両者の間に介在するオープン・スペースにはカボン公園,州政庁,高等法院,大学,競馬場などが建設されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バンガロール【Bangalore】

インド、デカン高原南部にある都市。航空機製造・機械工業・情報技術産業が発達。現地名、ベンガルールウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンガロール
ばんがろーる
Bangalore

インド南部、カルナータカ州の州都。人口429万2223(2001)。州南東端の標高940メートルのデカン高原上に位置するため、北緯13度付近にありながら、年平均気温は23.6℃で、南インドでもっとも快適な環境を有する都市である。市の歴史は新しく、1537年地方領主ケンペ・ゴウダが城下町として建設したのに始まる。17世紀初頭にはマラータ人のボーンサラの領地となり、1687年マイソールのヒンドゥー教徒領主の手に渡った。さらに1758年にイスラム教徒のハイダル・アリーに移譲されたが、91年にはイギリスが侵攻、99年にイギリス保護下のヒンドゥー教徒の藩王領となった。1831~81年の間、イギリスが直接支配権をもち、軍事・行政の拠点を築いたが、その後、支配権は藩王の手に渡り独立まで続いた。
 このように19世紀以降、イギリスの強い影響を受けたため、都市整備が行き届き、市街は緑の空間を多く取り入れ、公園都市とよばれている。また気候に恵まれていることから、インド科学研究所(1911設立)、ラーマン科学研究所(1943設立)、独立後に設立された中央政府系研究所、州立総合大学、農業大学などをもち、南インド最大の学術研究都市となっている。こうした技術研究を背景に、20世紀に入って工業化が進み、国営航空機工場、国営機械器具工場をはじめ、化学・機械関係工業などが集中している。[中山修一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バンガロールの関連情報