バング(英語表記)Bang, Herman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バング
Bang, Herman

[生]1857.4.21. アルス島
[没]1912.1.29. ユタ,オグデン
デンマークの小説家。父は牧師であったが発狂して死に,母も彼が 14歳のときに死んだ。出世作『希望なき種族』 Håbløse slægter (1880) には世紀末的な憂愁が漂う。『ティーネ』 Tine (89) は祖国の敗戦を背景にした少年時代の回想,『白い家』 Det hvide Hus (98) は母と子の牧歌,『祖国のない人々』 De uden Fædreland (1906) は晩年の代表作。舞台での朗読を得意とし,アメリカを朗読旅行中に客死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バング【Herman Bang】

1857‐1912
デンマークの作家。父は牧師。法律の勉強を放棄し俳優を目ざすが成功せず,朗読家,記者,プロデューサーとなってヨーロッパ各地を巡った。作品には,夢が敗れ人生に失敗し,単調で苦しい日々を送る小市民の生活を好んで取り上げた。代表作には,祖国の敗北(1864)を背景にした長編《ティーナ》(1889)や,彼の名を高めた《静かな人》(1886)などがあり,短編集《(くびき)の下で》(1890)の中の〈イリーナホルム嬢〉などは小品であるが印象派的なタッチが特色である。

バング【Willy Bang‐Kaup】

1869‐1934
ドイツのトルコ学者,言語学者。正しくはバング・カウプ。《コーデックス・クマニクス》,突厥碑文,古代ウイグル語文献など古代および中世トルコ語(チュルク語)資料の文献学的研究,またトルコ語比較文法,トルコ語歴史文法の研究法の確立などに優れた業績を残し,近代的トルコ学研究の創設者とされる。同時に,ガバインAnnemarie von Gabain(1901‐ )をはじめドイツ,スウェーデン,フィンランド,トルコなどの多くのトルコ学者を教育・養成してトルコ学の国際的な発展に寄与した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バング【bang】

ひたいの辺りで切りそろえた前髪。 「 -スタイル」

バング【Herman Joachim Bang】

1857~1912) デンマークの小説家。抒情的な印象主義的作風で知られる。代表作「希望なき世代」「ティーネ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バング
ばんぐ
Herman Bang
(1857―1912)

デンマークの小説家。アルス島の名家の出身。牧師の父は精神に異常をきたし、美貌(びぼう)の母は早世したため、孤独な少年時代を送り、早くから文学に傾倒。作品は精神病遺伝に対する恐怖、対独敗戦による世紀末的気分を基調とし、幼少時代や母の追憶がしばしば主題となる。『希望なき世代』(1880)はロスト・ジェネレーション(失われた世代)の典型を描き、この一作で地位を確立。流浪のダンサーを描いた『イレーネ・ホルム嬢』や、『路傍にて』(1886)、『ティーネ』(1889)、『白い家』(1898)なども知られる。晩年の作『祖国なき人々』(1906)では落魄(らくはく)の芸術家を描く。アメリカ講演旅行中、発作で倒れて没した。日本では森鴎外(おうがい)がいち早く短編を紹介している。[山室 静]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バングの関連情報