コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンジージャンプ バンジージャンプ bungy jump

3件 の用語解説(バンジージャンプの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンジージャンプ
バンジージャンプ
bungy jump

ゴム製の命綱を足に固定し,高さ 50mほどの橋の上や特設のジャンプ台から水面や地面めがけて,飛び降りるゲーム。高所から落下する一瞬の恐怖感を楽しむ。本来は,南太平洋バヌアツなどで,成人式の儀式として勇気を試すためもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バンジー‐ジャンプ(bungy jump)

命綱を足に結んで数十メートルの高さからさかさまに飛び降り、地面すれすれの所で止まるジャンプ。本来は北部ニューカレドニアの成人の儀式。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

バンジージャンプ

ゴム製の命綱を足に固定し、橋やジャンプ台の上から地面や水面近くまで飛び降りる遊び。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバンジージャンプの言及

【民族スポーツ】より

…江戸時代300年の間に儒教と仏教の影響を受けて形成された悟りに至る修行文化としての存在態は,諸外国に類例を見いだしがたいものといえる。
[オセアニア]
 バヌアツ共和国を形成する島の一つであるペンテコスト島の飛降り競技は,今日バンジージャンプbungy jumpとして知られるスポーツのルーツである。これを行うのは南部の東海岸に位置するブンラプ村で,20mを超える立木を背に,これに材木と蔓(つる)とによって櫓(やぐら)を組み,櫓のそれぞれの高さからせり出した板から,両足首に巻きつけた蔓を命綱に,頭から地上に飛び降りるのである。…

※「バンジージャンプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バンジージャンプの関連キーワードゴムホースゴム印ゴム管ゴム靴ゴムサックゴム草履ゴム玉ゴム長ゴム箆東北ゴム

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンジージャンプの関連情報