バンダル・アッバース(読み)バンダルアッバース

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンダル・アッバース
ばんだるあっばーす
Bandar ‘Abbs

イラン南部の港湾都市。ホルモズガーン州の州都。ケルマーンの南340キロメートル、ホルムズ海峡に臨む。旧称ガムルー、イギリス人はゴムブルーンと称した。人口27万3578(1996)。1615年この町を占領していたポルトガル人をサファビー朝のシャー・アッバースが追放し、バンダル・アッバースと改称、以後、イギリス、オランダ、フランスの商館のあるイラン第一の港となったが、18世紀にはブーシェフルにその地位を譲った。現在はじゅうたん、綿花、ヒツジなどの輸出港で、漁業基地でもある。[岡正孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android