コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンダル・アッバース バンダルアッバース

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンダル・アッバース
ばんだるあっばーす
Bandar ‘Abbs

イラン南部の港湾都市。ホルモズガーン州の州都。ケルマーンの南340キロメートル、ホルムズ海峡に臨む。旧称ガムルー、イギリス人はゴムブルーンと称した。人口27万3578(1996)。1615年この町を占領していたポルトガル人をサファビー朝のシャー・アッバースが追放し、バンダル・アッバースと改称、以後、イギリス、オランダ、フランスの商館のあるイラン第一の港となったが、18世紀にはブーシェフルにその地位を譲った。現在はじゅうたん、綿花、ヒツジなどの輸出港で、漁業基地でもある。[岡正孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バンダル・アッバースの関連キーワードシャー・アッバース[1世]アッバース(1世)ケシュム[島]ホルムズ島オマーン湾

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android