コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンデイラ バンデイラBandeira Filho, Manuel Carneiro de Sousa

3件 の用語解説(バンデイラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンデイラ
バンデイラ
Bandeira Filho, Manuel Carneiro de Sousa

[生]1886.4.19. ペルナンブコ,レシフェ
[没]1968.10.13. リオデジャネイロ
ブラジルの詩人。リオデジャネイロで中等教育を受け,サンパウロ大学工学部に入学したが,結核のため勉学を断念しヨーロッパで静養。帰国後の 1917年第1詩集『時の灰』A Cinza das Horasを出版して称賛を受け,2年後『カーニバルCarnavalを発表,ブラジル近代主義の推進者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バンデイラ
バンデイラ
bandeira

16世紀末から 18世紀にかけてのポルトガル植民地ブラジルで,金・銀鉱山を探したり,植民地産業 (サトウキビ栽培,鉱山) の労働力として必要な先住民 (インディオ) を駆り集めるための奥地遠征隊およびその事業。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バンデイラ【bandeira[ポルトガル]】

ブラジル植民地時代(16,17世紀)に内陸部のインディオを捕らえ,貴金属,宝石を探査することを目的として組織,派遣された公的,私的な遠征隊とその事業をいう。エントラーダentradaともいい,その参加者をバンデイランテbandeiranteという。当時の沿岸主要都市から出発したが,とりわけサン・パウロ市のものが有名で,今日に至るまで,サン・パウロ人はバンデイランテ精神を称揚している。元来は中世ポルトガルの軍隊組織の名称で,36人の小隊を指したが,16世紀にはより大きな組織をも意味した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

バンデイラの関連キーワードナンバースクール岩石区帝国大学スティーブンソン帝国大学クラークベックマン他形ひん岩帝国大学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンデイラの関連情報