コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンデイラ Bandeira Filho, Manuel Carneiro de Sousa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンデイラ
Bandeira Filho, Manuel Carneiro de Sousa

[生]1886.4.19. ペルナンブコ,レシフェ
[没]1968.10.13. リオデジャネイロ
ブラジルの詩人。リオデジャネイロで中等教育を受け,サンパウロ大学工学部に入学したが,結核のため勉学を断念しヨーロッパで静養。帰国後の 1917年第1詩集『時の灰』A Cinza das Horasを出版して称賛を受け,2年後『カーニバル』 Carnavalを発表,ブラジル近代主義の推進者となった。 38~43年ペドロ2世高校で文学を教え,40年ブラジル文学アカデミー会員となった。ほかに,詩集『放縦』 Libertinagem (1930) ,『明けの明星』 Estrela da Manhã (36) ,『作品第 10』 Opus 10 (52) ,『全詩集』 Poesias Completas (44~54) ,『宵の明星』 Estrela da Tarde (63) ,評論『文学史概説』 Noções de História das Literaturas (40) ,『詩と詩人について』 De Poetas e de Poesia (54) 。

バンデイラ
bandeira

16世紀末から 18世紀にかけてのポルトガル植民地ブラジルで,金・銀鉱山を探したり,植民地産業 (サトウキビ栽培,鉱山) の労働力として必要な先住民 (インディオ) を駆り集めるための奥地遠征隊およびその事業。そのメンバーをバンデイランテス bandeirantesと呼んだ。主としてポルトガル人とインディオとの混血児 (マメルーコ) で隊を組織し,内陸の森林地帯で原始的生活を送っていたインディオを征服しながら,ブラジルの領土を内陸に拡大していった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バンデイラ【bandeira[ポルトガル]】

ブラジル植民地時代(16,17世紀)に内陸部のインディオを捕らえ,貴金属,宝石を探査することを目的として組織,派遣された公的,私的な遠征隊とその事業をいう。エントラーダentradaともいい,その参加者をバンデイランテbandeiranteという。当時の沿岸主要都市から出発したが,とりわけサン・パウロ市のものが有名で,今日に至るまで,サン・パウロ人はバンデイランテ精神を称揚している。元来は中世ポルトガルの軍隊組織の名称で,36人の小隊を指したが,16世紀にはより大きな組織をも意味した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バンデイラの関連キーワードエスピリト・サント[州]ミナス・ジェライス[州]バンデイランテス宮殿バンデイラ(遠征隊)エスピリトサント州サン・パウロブラジル高原ブラジル史4月19日ネブリナ山ゴイアニアルバンゴ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android