公的(読み)コウテキ

デジタル大辞泉 「公的」の意味・読み・例文・類語

こう‐てき【公的】

[形動]おおやけであるさま。公共のことにかかわっているさま。「公的立場で発言する」⇔私的
[類語]おおやけ公共正格正則正統正調本式本格的正規正式格調格式品格品位風格正しい本物儀礼礼法礼式礼儀風儀作法よそ行き格式張る折り目正しいフォーマル公式本格本筋まっとう正道本道本流主流中正至当合理的合法的押しも押されもせぬれっきとちゃんとまとも道理道理至極腰を入れる本腰本腰を入れるレギュラーオーソドックスプロパー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「公的」の意味・読み・例文・類語

こう‐てき【公的】

  1. 〘 形容動詞ナリ活用 〙 おおやけに関係のあるさま。公共のことであるさま。⇔私的
    1. [初出の実例]「検事は此の有力なる公的性質の書証よりも」(出典:良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android