コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バントゥースタン Bantustan

翻訳|Bantustan

世界大百科事典 第2版の解説

バントゥースタン【Bantustan】

南アフリカ共和国政府の分離発展政策によってつくられた南ア共和国内のアフリカ人自治地域。1913年の原住民土地法により,南ア連邦内のアフリカ人は全国土の9%に相当する原住民指定地(リザーブ)内に部族ごとに隔離され,次いで36年の原住民信託土地法によってその面積は13%まで拡大されることになったが,その実施は第2次世界大戦の勃発によって大幅に遅れた。50年代になってリザーブ内の土地に対する人口圧が高まり,その解決を目ざしてバントゥー地域社会経済開発委員会(通称トムリンソン委員会)が政府により任命され,その報告書が55年提出された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバントゥースタンの言及

【コーサ族】より

…居住は牛を囲いに入れた,大家族の家屋敷(クラール)を単位としている。トランスケイおよびシスケイは,南アフリカ共和国政府が白人・黒人の分離をはかって設立したバントゥースタン(ホームランド)である。白人政権はこれらのバントゥースタンの独立を図り,1976年にトランスケイ,81年にシスケイの独立を一方的に認めたが,これらの独立は国際的に承認を受けていない。…

【ツワナ族】より

…アフリカ南部のボツワナ共和国,ナミビア,南アフリカ共和国にまたがり居住するバントゥー系の部族。ナミビア,南ア共和国にはツワナ族のバントゥースタン(ホームランド。非白人居住地)が設けられているが,部族全体では約80万の人口に達する。…

【南アフリカ】より

…政府は調査委員会を発足させ,その調査結果を受けて,59年〈バントゥー自治促進法〉を制定,国内に白人国家と黒人国家を並存させる〈分離発展政策〉を明らかにした。それに基づき部族ごとに10のバントゥースタン(ホームランド)をつくり,一定限度の自治をアフリカ人に許した。その結果63年のトランスカイ自治国の成立に続いて,70年代初めまでにシスカイなど10の自治国が成立した。…

※「バントゥースタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

バントゥースタンの関連キーワードバントゥー・ホームランドズールーランドトランスケイツワナ族

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android