コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーカータカ朝 バーカータカちょうVākāṭaka

3件 の用語解説(バーカータカ朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーカータカ朝
バーカータカちょう
Vākāṭaka

古代インドデカン地方を支配した王朝 (3~6世紀) 。サータバーハナ朝が衰えたとき,ベラール地方に興り,4世紀初め四方を征服してデカン地方全域を支配。その後,北のグプタ朝などと婚姻関係によって外交を維持。6世紀中頃チャールキヤ朝に滅ぼされた。この王朝のもとでアジャンタ石窟美術は最盛期を迎えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バーカータカちょう【バーカータカ朝 Vākāṭaka】

古代インドの王朝。サータバーハナ朝崩壊の後をうけ,3世紀後半から6世紀にかけてデカン地方中部を中心とした一帯を支配した。初代王ビンディヤシャクティVindhyaśaktiの事業を継承したプラバラセーナ1世Pravarasena Iは領土を拡張し,北はナルマダー川流域から南はゴーダーバリー川流域に至る王国の基礎を築いた。王の死後王国は分裂し,主派は今日のナーグプル付近に主都を置き,王の孫のルドラセーナ1世RudrasenaIの時には北方のグプタ朝と並ぶ有力国家であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーカータカ朝
ばーかーたかちょう
Vktaka

インドのデカンで3世紀後半から6世紀中ごろまで支配した王朝。デカン一帯を支配したサータバーハナ朝が滅んだあとにはいくつかの王朝が興ったが、この王朝はその中央のビダルバに台頭し、3世紀から4世紀にかかるころ、第2代プラバラセーナ1世が勢力を拡大して、サムラージ(覇王)と称した。その子のとき王国は東西二つに分かれ、東の主派はナーグプル近くに都し、5世紀初めルドラセーナ2世はグプタ朝チャンドラグプタ2世の娘を娶(めと)り、彼女は夫王の死後実権を握り、グプタ朝の威勢を借りてデカンに勢力を振るった。西の分派はマハラシュトラ北西部のバッサグルマに都して、6世紀初めにハリシェーナが現れ、周辺の国を征服して強大となった。アジャンタの第16、17石窟(せっくつ)は彼のときにつくられた。だがこの王朝は6世紀中ごろに滅び、その領域はやがてチャールキヤ朝の勢力下に入った。[山崎利男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバーカータカ朝の言及

【アジャンター】より

…5世紀末期から7世紀の第2期には,石窟の構造が整備され,彫刻や壁画によって華麗に飾られるようになった。そのうち第16,17両窟には,バーカータカ朝のハリシェーナ王の治世(5世紀末期)にその臣下によって造営された旨の刻文がある。バーカータカ朝は,4~5世紀にインド古典文化の黄金期を築いたグプタ朝と姻戚関係を結んだこともあり,第2期の彫刻や壁画にはグプタ文化の反映が認められる。…

※「バーカータカ朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone