コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーチャスパティ・ミシュラ ばーちゃすぱてぃみしゅらVācaspati Mira

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーチャスパティ・ミシュラ
ばーちゃすぱてぃみしゅら
Vcaspati Mira

9~10世紀のインドの思想家。東インドのミティラー出身。サーンキヤ、ヨーガ、ミーマーンサー、ベーダーンタ、ニヤーヤの各哲学学派の重要な文献に対し、客観的態度をもって注釈を書いた。最後の著作とされる『バーマティー』は、不二一元論(ふにいちげんろん)派ベーダーンタの開祖シャンカラの著作『ブラフマ・スートラ注解』に対する復注である。無明(むみょう)が個我を基体とし、ブラフマン(梵(ぼん))を対象としてブラフマンの真の本性をくらますという考えにたって書かれ、これに基づいてバーマティー学派が成立した。[倉田治夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バーチャスパティ・ミシュラの関連キーワードサーンキヤ学派ヨーガ学派

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android