コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バールベク Baalbek

3件 の用語解説(バールベクの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

バールベク【Baalbek】

レバノン北東部にある観光都市。古代ローマ時代に建てられたユピテル神殿の遺跡がある。古称、ヘリオポリス(Heliopolis)。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バールベク

ベカー高原にあるシリアの古都。名は〈ベカーの主〉の意。ベイルートダマスカスの中間にあって交通,商業の要地として栄え,古くギリシア人は,ヘリオポリス太陽の都)と呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バールベク【Baalbek】

レバノンのベイルート東方約85km,レバノン山脈アンチレバノン山脈に挟まれたベカー高原中央北部にあるオアシスをもつ避暑・観光都市。人口1万程度。バアルベクとも書かれ,アラビア語で正しくはバーラバックBa‘labakk。古代宗教都市の遺構で知られる。〈ベカーの主〉を意味するその名前からフェニキア起源と考えられるが,アレクサンドロス大王の征服後,フェニキアのハダド神とギリシアゼウス神が習合することによって隆盛し,ヘリオポリスHeliopolisと改名された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バールベクの関連キーワードレバノンレバノン杉ジュニエジュベイルハムラハリッサラウシェレバノンとヒズボラレバノン情勢レバノン紛争

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone