パイロットプラント(英語表記)pilot plant

翻訳|pilot plant

百科事典マイペディアの解説

小型の実験装置と工場の生産プラントとの中間規模の装置。新しい生産方法の工業化に当たって,装置の大型化による操作条件の変化,安全性,製品品質などを確かめ,生産プラントの設計,操作に必要な資料を求める目的のもの。化学工業などで広く行われ,生産プラント稼働後はその模型装置として製品の試作研究などを迅速,安価に行える。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

小型の実験装置と工場の生産プラントとの中間の規模の装置。新しい生産プラントや既存のプラントの改良などの場合,ガラス細工程度の小型の実験装置による資料から,いきなり大規模の複雑なプラントを建設しても成功しない場合がある。パイロットプラントの主要な目的は,実験室で得た結果をもとにして,新しく計画される生産プラントの適切な設計と操作の資料を求めることである。すなわち,装置が大型になったとき,製品の品質や生産高や運転費などに及ぼす操作条件の変化の影響や操作の安全性を検討したり,小型装置では見つからなかった好ましくない副生物を見つけだしたり,相当多量の製品をつくってみてあらかじめ十分な製品試験などをする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ある製品を商品化・量産化する前に、製品の品質や生産方法などについて実験を行うための工場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (pilot plant) 新しい生産プラントの建設にさき立ち、工程・操作・製品の可否、難易などの資料を得るためにつくられる試験工場。〔百万人の科学(1939)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

パイロットプラントの関連情報