コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パゴパゴ パゴパゴPago Pago

翻訳|Pago Pago

3件 の用語解説(パゴパゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パゴパゴ
パゴパゴ
Pago Pago

南太平洋,アメリカ合衆国領サモアの首都。トゥトゥイラ島中央部にある港湾・観光都市。良港をもつ国際的寄港地で,マグロの缶詰を輸出。 1964年に国際空港が建設された。 S.モームの『雨』の舞台として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パゴ‐パゴ(Pago Pago)

南太平洋、アメリカ領サモアの首都。サモア諸島ツツイラ島中央部南岸の深い湾奥に位置する。天然の良港として知られ、オセアニアにおける重要な寄港地となっている。モーム短編小説」の舞台となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パゴパゴ
ぱごぱご
Pago Pago

南太平洋、ポリネシア西部、アメリカ領サモアの首都。ツツイラ島中央部、南から入り込んだパゴパゴ湾の奥に位置する。人口4278(2000)。市の東方にあるレインメーカーRainmaker山は、正称オヒアOhia山であるが、南東貿易風で山頂付近に雲が集まると雨になることからこうよばれる。サマーセット・モームの小説『雨』の舞台。また、市内のソロ・ヒルSolo Hillからパゴパゴ湾を横切って対岸アラバAlava山(485メートル)に至る1.6キロメートルロープウェーは、かっこうの観光コースとなっている。タフナTafuna空港は町の南方14キロメートルにあり、オークランドニュージーランド)、ホノルルハワイ)、ナンディフィジー)、ヌーメアニュー・カレドニア)との間に定期航空路線が結ばれている。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone