コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカ領サモア アメリカりょうサモア

百科事典マイペディアの解説

アメリカ領サモア【アメリカりょうサモア】

太平洋のポリネシアに位置するサモア諸島の東半分で,米国の海外領土。東サモアとも。人口5万5519人(2010),200km2。主島トゥトゥイラ島のほかマヌア諸島などからなる。主都パゴ・パゴ。山がちで年間を通じて高温多湿。住民の多くはポリネシア系のサモア人で,言語・文化的には隣国サモア住民と共通している。1900年軍事基地として米国統治が開始されたが,第2次大戦後米軍は撤退したため,魚缶詰産業と出稼ぎ者の送金に経済の多くを依存する。米国本土へ住民の多くが移民する一方で,高額の賃金がサモアやトンガなどから労働者を魅きつけている。現在次第に自治が認められつつある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

アメリカりょう‐サモア〔‐リヤウ‐〕【アメリカ領サモア】

American Samoa》南太平洋、サモア諸島東部を占めるアメリカ合衆国の自治領サモア独立国(旧西サモア)の南東に位置する。主島ツツイラ島に首都パゴパゴがある。ほか、マヌア諸島、ローズ島、スウェインズ島などの島々からなる。人口5.8万(2006)。東サモア。アメリカンサモア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アメリカりょうサモア【アメリカ領サモア American Samoa】

西ポリネシア,サモア諸島の東半部で,アメリカの非併合領土。人口5万9000(1996)。主都パゴ・パゴのあるトゥトゥイラ島および他の六つの小島をあわせ面積197km2,淡路島の1/3である。いずれの島も中央部に高く山がそそり立ち,平地部分が少ない。熱帯貿易風気候で,1年を通じ高温多湿である。サモア人はポリネシア人種に属し,アウストロネシア語族ポリネシア語の一分枝としてのサモア語を話す。英語が普及しているが,家族内ではサモア語を用いており,政府も2ヵ国語教育をめざしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカ領サモア
あめりかりょうさもあ
American Samoa

南太平洋、サモア諸島のうち、西経171度以西のサモア(旧西サモア国)に対して、その東側にある島々をいう。東サモアEastern Samoaともいう。主島のツツイラTutuila島に首都パゴパゴがあり、以下、アウヌウAunuu島、タウTau島、オフOfu島、オロセガOlosega島、ローズRose島、スウェインズSwains島の7島からなり、タウ、オフ、オロセガの3島をマヌアManua諸島という。総面積197平方キロメートル、人口5万7291(2000)。その大部分がアメリカン・サモア人といわれる混血で、このほか、フィリピン人、韓国人、中国人などのアジア人と、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア人が住む。カカオ、バナナの栽培、マグロ漁業をはじめ、林業や酪農も行われる。1872年にアメリカ海軍の補給基地となったが、イギリス、ドイツなどと領有権争いが起こり、1889年のベルリンの会議で共同保護化、1899年西サモア(現、サモア)をドイツ領、東サモアをアメリカ領とした。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアメリカ領サモアの言及

【サモア[諸島]】より

…総面積2842km2,人口16万7000(1996),首都はウポル島北岸のアピア。一方,分離以来今日まで合衆国に領有されている東のアメリカ領サモアは,良港で主都のパゴ・パゴのある主島トゥトゥイラ島およびその東のマヌア諸島などの小島から成る。総面積197km2,人口5万9000(1996)。…

※「アメリカ領サモア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アメリカ領サモアの関連キーワードミード(Margaret Mead)トゥトゥイラ[島]マヌア[諸島]サモア[諸島]サモア諸島民ファガトゴ非自治地域オロセガ島アウヌウ島オセアニアフィジーアピアオフ島タウ島

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android