パジャマ(英語表記)pajamas

翻訳|pajamas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パジャマ
pajamas

ピジャマ pyjamasともいう。ウエストないしは腰丈程度のゆるやかな上衣ズボンから成る寝間着。語源はペルシア語ウルドゥー語のパエジャーマ pāëjamah,pājāmahで,ゆったりした足首丈のズボンの意。男女ともに用いる。 1870年頃植民地のインドからイギリスに伝えられ,20世紀の初めには寝間着の典型となった。直接肌に着けるものなので,感触のよさ,吸湿性,伸縮性に富む素材を用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

パジャマ

上衣とズボンを組み合わせた寝巻の一種。上下ともゆったりしており,前あきで,衿(えり)なしか開衿(かいきん)が多い。布地木綿タオルフランネル,化合繊など。名称はインド人がはいていた足首までのゆったりしたズボンに由来する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パジャマ【pajamas】

上衣とズボンで対になった洋風の寝巻。身ごろはゆったりとし,袖なし,半袖,長袖などがある。吸湿性がある肌ざわりのよい素材でつくられる。ウルドゥー語のpāë(足),jāmah(衣服)を語源とする。西欧では中世まで就寝の際は裸またはシュミーズを着ていたが,近代になると東洋の影響を受けて,ゆったりした形のネグリジェナイトガウンが室内着として用いられるようになった。19世紀の終りころ,インドで男子のはいていた裾をしぼった緩やかなズボン(ピジャマpyjama)がヨーロッパにもたらされ,当初は男性に寝巻として使用された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

パジャマ【pajamas】

ゆったりした上着とズボンからなる寝巻。 〔脚衣を意味するペルシャ語から〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パジャマ
ぱじゃま
pajamaspyjamas

寝巻または部屋着として男女ともに着用されるゆったりとした服。腰丈の上着とズボンからなり、綿ブロード、ネル、ニット、パイル地、シルク地などでつくられる。元来はインド人やペルシア人が着用するゆったりとしたズボンのことで、1870年代にイギリス人がインドからヨーロッパへ持ち帰り、20世紀以降、広く一般に着用されるようになった。また、海浜着として1920年代から30年代に流行したビーチ・パジャマは、女性のパンツ・スタイルが街着として認められる先駆けとなった。[深井晃子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パジャマの関連情報