コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パスルアン パスルアン Pasuruan

4件 の用語解説(パスルアンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パスルアン
パスルアン
Pasuruan

インドネシア,ジャワ島東部,ジャワティムール州,マドゥラ海峡にのぞむ港町。スラバヤ南東約 50kmに位置し,鉄道,道路で結ばれるオランダの植民地時代には,東ジャワにおける行政の一中心であったが,1934年に行政府マランに移ると急速に衰えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パスルアン(Pasuruan)

インドネシア、ジャワ島北東部の港湾都市スラバヤの南東約50キロメートルに位置し、マドゥーラ海峡に面する。後背地には肥沃な平野が広がり、米、サトウキビを産する。南西にアルジュナ山、南にブロモ山がそびえる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パスルアン【Pasuruan】

インドネシア,東ジャワ州の同名県の県都。人口13万4000(1990)。東ジャワ州の州都スラバヤの南東約50km,マドゥラ海峡に面した港町である。県の海岸部(北部)は平坦で肥沃な農地が広がり,米,サトウキビ等の生産が行われている。南部には,東に観光地かつ霊山として名高いブロモ山(2392m)が,西には秀麗な火山アルジュナ山(3239m)がそびえる。アルジュナ山の山麓には避暑地トレテスがあり,その近在にはシンガサリ王朝の遺構ジャウィ寺院がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パスルアン
ぱするあん
Pasuruan

インドネシア、ジャワ島東部の港湾都市。マドゥラ海峡に臨み、スラバヤの南南東50キロメートルに位置する。人口9万5864(1980)。古くから地方商業の中心地で、付近には19世紀後半からオランダ人によるサトウキビのプランテーション開かれた。いまも糖業試験所があるが、プランテーションの衰微に伴い、昔日のおもかげはない。現在は砂糖、ゴム、コーヒー、魚の輸出港となっている。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パスルアンの関連キーワードインドネシアインドネシア語派ジャワ海溝バニュワンギマディウンインドネシア海溝インドネシアの恋唄タマンミニインドネシアチアンジュールジャワ種 (Java)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone