パッチワーク(英語表記)patchwork

  • patch work

翻訳|patchwork

デジタル大辞泉の解説

種々の色・柄・形の小布をはぎ合わせて一つの面を作る手芸の技法。ベッドカバー・クッションなどに用いる。つぎはぎ細工。
つぎはぎ2」に同じ。「政策のパッチワーク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

手縫いあるいはミシンで小さな布切れを別の布と縫い合わせる手芸。形や色,大きさ,組み合わせ方などによってさまざまなものがつくられる。別の布と貼り合わせてキルティングにしたアメリカン・キルトはよく知られる。日本では同じような技法を切継(きりつぎ)といい,野良着(のらぎ)や江戸時代の小袖に見られた。
→関連項目キルティング

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つぎはぎ細工,寄せ集め物の意味で,素材,色,柄,形,大きさなど異なる布類を手縫いやミシンではぎ合わせる手芸の技法。すでに前9世紀ごろのエジプトでは動物の皮をはぎ合わせた天幕アップリケを併用した女王の葬儀用天幕などがあった。ヨーロッパへは,11世紀ごろサラセン人の技術が十字軍によって伝えられ,壁掛けやテーブルクロスなどに使われた。18世紀にはアメリカの開拓者が耐乏生活の中でありあわせの布をはぎ合わせてパッチワークし,別布と合わせてキルティングにしたベッドカバーなど生活必需品を作った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パッチは、継ぎはぎ、寄せ集め、ピーシング(縫い合わせ)という意味である。また小布をモザイク風にはぎ合わせることをいう。

[木村鞠子]

由来と布地

最初は農民などが必要上、衣服に継ぎを当てたり、傷んだところを除いてはぎ合わせていたものだが、やがて農民芸術となり、しだいに装飾的な美しい作品がつくられるようになった。ヨーロッパでは17~19世紀にかけて、絹地や、つやのある木綿地などに、キリスト生誕や神話、物語を部分的にはめ込んだ壁掛け、ベッドカバーなどがつくられ、各地の博物館に多く残されている。アメリカン・パッチワークは、ヨーロッパからアメリカの新大陸に移住した人たちが持って行った、衣服やわずかな布地が傷んできたとき、それらをはぎ合わせて使ったことがもとになった実用性の強いものであり、これが発展していった手芸である。そのため、作品は18~19世紀のものが多く残されている。

 布地は、木綿、麻、毛、絹、化合繊のプリント、縞(しま)、水玉、無地、チュール、レース。部分的に山型テープ、ブレードなどが使われる。

 注意することは、縫い合わせるときに、できるだけ同質の布を選び、伸縮の度の違うものは避ける。また、薄い布や伸びやすい布には、裏側に薄い和紙で裏打ちをする場合もある。

 図案としては、三角、四角、五角、六角、長方形、円、升形、菱(ひし)形などが基本になる。

[木村鞠子]

使われるステッチと用途

原則としては、ランニングステッチ(細かいぐし縫い)、まつりはぎの2種類がある。そのほか、布地によって、クロスステッチ、クロスドヘリンボーン、ブランケットステッチ、デージーステッチなど。また、はぎ目にテープ、ブレード、レースなどを使うこともある。

 用途としては、室内装飾品、衣服、小物類、袋物など。

[木村鞠子]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (patchwork)
① 大きさや形、色や柄の異なる布や皮を縫い合わせる手芸の技法。また、そのもの。ベッドカバーや敷物などに用いる。寄せ布(皮)細工。
※光と風と夢(1942)〈中島敦〉八「実にとりどりな色彩の服装だ。タパを纏った者、パッチ・ワークを纏った者」
② 比喩的に、他人の書いたものをつぎはぎして作った安直な文章や書物をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パッチワークの関連情報