パナソニック(株)(読み)ぱなそにっく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パナソニック(株)
ぱなそにっく

家庭電器のトップメーカー。1918年(大正7)松下幸之助が改良アタッチメントプラグと二灯用差し込みプラグの製造・販売を目的に、大阪市福島区大開町に創業した松下電気器具製作所が前身。その後、自転車用電池ランプ、電気アイロン、暖房器具を加え、1927年(昭和2)からナショナルの商標を使用した。1931年にはラジオ、乾電池の製造を開始、早くも33年に製品群別事業部制を採用した。1935年に松下電器産業(株)に改組して傘下に9分社を設立、同時に連盟店制度によって販売店の組織化に乗り出し、翌年から電球に進出した。第二次世界大戦後ふたたび分社を合併して事業部制に復し、洗濯機や冷蔵庫の製造を開始する一方、1952年(昭和27)にオランダのフィリップス社と提携して管球・電子管メーカー、松下電子工業(株)を設立、テレビの製造を開始した。1953年には中央研究所を設立して開発体制を整備し、その後、カラーテレビ、ステレオほか各種家庭電器を発売、強力な販売網のもとで家電ブームを先導した。1955年パナソニックのブランド名を使用開始。1959年に販売会社のアメリカ松下電器、1961年に生産会社のナショナル・タイを設立したのをはじめ、広く海外事業を展開した。さらに1977年には日本ビクターと共同開発したVHS方式のホームビデオを発売、とくに最近は半導体、移動体通信、光ディスク、ディスプレイデバイス、デジタルテレビシステムに力を入れている。2008年(平成20)10月、社名を松下電器産業からパナソニックに変更、これに伴い商品に使用されているブランド名もパナソニックに統一された。資本金2587億円(2008)、売上高9兆0689億円(2008。連結ベース)。[中村清司]
『松下電器産業株式会社編・刊『松下電器五十年の略史』(1968) ▽松下電器産業株式会社編・刊『社史 松下電器激動の十年――昭和四十三年~昭和五十二年』(1978) ▽松下電器産業株式会社編・刊『日に新た――松下電器七十五年の歩み』(1994)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android