コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリントン パリントンParrington, Vernon Louis

3件 の用語解説(パリントンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パリントン
パリントン
Parrington, Vernon Louis

[生]1871.8.3. イリノイオーロラ
[没]1929.6.16. イギリス,ウィンチコーム
アメリカの批評家,文学史家。ハーバード大学卒業後,オクラホマ大学などを経て 1908~29年ワシントン大学教授。主著『アメリカ思想主潮史』 Main Currents in American Thought (3巻,1927~30) は 30年代に絶大な影響力をもっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パリントン【Vernon Louis Parrington】

1871‐1929
アメリカの文学史家。イリノイ州に生まれ,カンザス州で青年期を送る。ハーバード大学で2年間学んだあと,母校エンポーリア・カレッジ,オクラホマ大学,ワシントン大学で英米文学を講じたが,その長い教師生活において東部とはまったく没交渉であった。根っからの中西部人としてポピュリスト的な姿勢を貫いた彼の主著《アメリカ思想主潮史》3巻(1927‐30)は,〈アメリカ的とみなされるにいたった根本的な概念〉をリベラルジェファソン主義的な立場から再検討することを目的としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パリントン
ぱりんとん
Vernon Louis Parrington
(1871―1929)

アメリカの歴史家、批評家。ワシントン大学で教える。主著は『アメリカ思想の主流』全3巻。その第1巻は『植民地時代の精神――1620~1800』、第2巻は『ロマン主義革命――1800~1860』で1927年に刊行、その業績により翌1928年ピュリッツァー賞を受賞。第3巻は1860~1920年のリアリズム期を扱う予定であったが、未完のまま死後の1930年に刊行された。この大著は、アメリカ思想の流れを社会状況の影響を重視しつつ、実証的に記述したものである。[牧野有通]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パリントンの関連キーワード廃藩置県新教育高田藩北海道開拓田畑勝手作許可モルガンウォーターズカション片岡健吉ガビンズ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone