コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パワーエレクトロニクス パワーエレクトロニクスpower electronics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パワーエレクトロニクス
power electronics

電気工学の3つの大きな分野,エレクトロニクス制御,電力の境界領域,混合領域で,サイリスタを中心とする半導体素子が主役を演じる技術分野をいう。サイリスタの基本的機能はスイッチング作用にすぎないが,電力の開閉,変換,制御の技術に絶えざる進歩と変革を与えて現在にいたっている。パワーエレクトロニクスの包含する技術分野はきわめて広く,電力系統に始って,工場,鉄道,自動車,家庭用など,あらゆる分野にその適用がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パワー‐エレクトロニクス(power electronics)

発電・送電系統・制御・電気材料といった電力分野を取り扱う電子工学。電力用半導体の進歩に伴って発展しつつある新分野。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パワーエレクトロニクス
ぱわーえれくとろにくす
power electronics

高電圧、大電流の電力を扱うエレクトロニクス。これに対して、電子回路やコンピュータでおもに信号を扱うエレクトロニクス分野をマイクロエレクトロニクスと区別することがある。
 電気エネルギーを利用するためには、電力を制御してエネルギー変換機器を調節することが行われる。電力の制御とは電力の形態を変換することである。電力の形態とは、直流電力の場合には電圧と電流である。交流電力の場合、電圧、電流ばかりでなく、周波数、位相、波形なども含まれる。これらの形態を望みの値に調節することにより、パワーエレクトロニクスで駆動するエネルギー変換機器を制御することができる。エネルギー変換機器とは運動エネルギーに変換する電動機をはじめ、光エネルギーに変換するLED(発光ダイオード)や蛍光灯、熱エネルギーに変換するヒーターや誘導加熱コイルなどである。これらの出力を制御するにはエネルギー変換機器に入力する電力の制御が必要なのである。
 また、パワーエレクトロニクスは安定した電力を供給するための各種の電源にも利用される。さらに、再生可能エネルギーや直接発電による電力を交流に変換したり、商用電力と連系するための電力制御を行ったりするのもパワーエレクトロニクスである。
 パワーエレクトロニクスは、半導体パワーデバイスをスイッチングすることにより電力変換を行う。コンデンサー、リアクトルなどのエネルギー蓄積素子と組み合わせて動作する。電子回路技術、半導体技術、制御技術など広い範囲の技術を統合した技術分野である。[森本雅之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のパワーエレクトロニクスの言及

【エレクトロニクス】より

…(6)電子システム分野 いくつかの電子装置を組み合わせたシステムを対象とする分野であり,放送システム,通信システム,列車の座席予約システム,銀行の自動支払システム,地域医療システム,学術文献情報システムなど広い地域にまたがるものが多い。 また,扱う対象により,レーザーなどの光を扱う量子エレクトロニクス,マイクロ波を扱うマイクロ波エレクトロニクス,半導体を扱う半導体エレクトロニクス,サイリスターなどの大電力を扱うパワーエレクトロニクスなどに分類することもある。【宮川 洋】。…

※「パワーエレクトロニクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パワーエレクトロニクスの関連キーワードパワーエレクトロニクス学会可変速駆動電動機システムワード・レオナード方式リラクタンスモーター産業技術総合研究所パルス幅変調制御インバーター制御サーボモーター加減速度電動機チョッパ制御太陽熱発電電動発電機分巻直流機新電元工業水銀整流器回転変流機複巻直流機電気機関車直巻直流機愛知電機

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パワーエレクトロニクスの関連情報