コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パールマン

2件 の用語解説(パールマンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

パールマン

イスラエル出身のバイオリン奏者。テルアビブ(現テルアビブ・ヤフォ)生れ。4歳でポリオを患うが下半身麻痺(まひ)のハンデを跳ね返して早熟な才能を伸ばし,10歳でオーケストラと共演。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パールマン
ぱーるまん
Itzhak Perlman
(1945― )

イスラエルのバイオリン奏者。生地テル・アビブの音楽院からニューヨークジュリアード音楽学校に進み、名教師イワン・ガラミアンIvan Galamian(1903―81)、ドロシー・ディレイDorothy DeLay(1917―2002)らに師事。1964年レーベントリット国際音楽コンクール第1位。以後、ポリオによる歩行の不自由にもめげず、独奏活動を世界各地で活発に行う。74年(昭和49)初来日。達者な技巧と鋭敏な感受性に基づき、知情意バランスのとれた演奏スタイルを築き上げた。映画『シンドラーのリスト』(1993年アカデミー作曲賞受賞)でのバイオリン・ソロや、映画出演など幅広い活動でも知られる。[岩井宏之]
『中村稔著『ヴァイオリニストの系譜――ヨアヒムからクレーメルまで』(1988・音楽之友社) ▽玉木正之著『音楽は嫌い、歌が好き』(1994・毎日新聞社) ▽なかにし礼著、田村勝弘写真『天上の音楽・大地の歌』(2001・音楽之友社)』
「『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』(1998・東芝EMI) ▽『バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ全集』CD2枚組(2002・東芝EMI)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パールマンの関連情報