コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒオウギガイ(檜扇貝) ヒオウギガイnoble scallop

世界大百科事典 第2版の解説

ヒオウギガイ【ヒオウギガイ(檜扇貝) noble scallop】

イタヤガイ科の二枚貝(イラスト)。開いた扇形で長さ12.5cm,高さ13cm,幅3.5cmに達する大型種。表面には殻頂から放射状うねが24本内外出ていて,その上にうろこ状の突起が並んでいる。その形が檜扇に似ているのでこの名がある。殻頂はまっすぐで前後両側に三角形の突起があるが,前方のが大きい。右殻には足糸を出す湾入がある。殻の色や模様は個体によって変異があり一定しないが,褐色を帯びたものがもっとも多く,また雲状の斑紋が殻頂のほうにある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android