コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒゴタイ

3件 の用語解説(ヒゴタイの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒゴタイ

キク科の多年草西南日本の草原に隔離分布し,高さ1m内外。葉は互生し,長楕円形で羽状深裂する。花は淡青紫色で,8〜10月に咲く。頭花は1個の小花よりなり,枝先に多数密に集まって径5cm内外の球花をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒゴタイ【Echinops setifera Iljin】

西南日本暖地の草原に隔離的,残存的に分布するキク科の多年草。茎は高さ1mほど,くも毛を密生し,茎頂に球状に花を集めるが,これは1小花よりなる頭花がさらに多数密集したものである。ヒゴタイEchinops(英名globe thistle)は地中海沿岸から西アジアに多くの種が分化し,約120種が知られている。観賞用にルリタマアザミE.ritro L.がよく栽培されている。これは耐寒性のある宿根草で,茎は高さ1mほど,まばらに分枝し,アザミに似た羽状全裂の葉を互生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒゴタイ
ひごたい
[学]Echinops setifer Iljin

キク科の多年草。茎は太くて筋張り、高さ約1メートル、毛を密生し、白色である。葉は羽状に深く裂け、裂片に欠刻と刺(とげ)があり、アザミの葉に似る。葉の表面は緑色で薄いくもの巣状の毛を生じる程度であるが、裏面は白色の綿毛を密生する。8~10月、茎頂または枝先に、多数の頭花が集まって径約5センチメートルの球状の花をつける。頭花は1個の管状花からなり、花冠は濃い淡青色で、先は深く5裂し、裂片は反り返る。総包は16~18枚、覆瓦(ふくが)状に並び、先は芒(のぎ)状にとがる。痩果(そうか)は毛を密生する。冠毛は鱗片(りんぺん)状の毛が中部以下で合生し、冠状になる。日当りのよい草原に生え、中部地方、中国地方、四国、九州、および朝鮮半島に分布するが、きわめてまれである。ヨーロッパ原産の近縁種ルリタマアザミE. ritro L.やE. sphaerocephalus L.は切り花用に栽培される。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒゴタイの言及

【トウヒレン】より

…トウヒレンの〈飛廉〉はヒレアザミに用いられた日本の漢字名であるが,トウの由来はよくわかっていない。分類が困難なこともあって,〈ヒゴタイ〉〈アザミ〉などの名が,いくつもの近縁属にわたって混乱して使用されている。 古くはトウヒレンはセイタカトウヒレンS.tanakae Fr.et Sav.を指していた。…

※「ヒゴタイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒゴタイの関連キーワードウズラ四国地方西南日本西南日本外帯西南日本内帯ホロホロチョウ紅雀グリーンタフ地域頬赤中央アジアの草原にて

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒゴタイの関連情報