ヒゴタイ

世界大百科事典 第2版の解説

ヒゴタイ【Echinops setifera Iljin】

西南日本暖地の草原に隔離的,残存的に分布するキク科の多年草。茎は高さ1mほど,くも毛を密生し,茎頂に球状に花を集めるが,これは1小花よりなる頭花がさらに多数密集したものである。ヒゴタイ属Echinops(英名globe thistle)は地中海沿岸から西アジアに多くの種が分化し,約120種が知られている。観賞用にルリタマアザミE.ritro L.がよく栽培されている。これは耐寒性のある宿根草で,茎は高さ1mほど,まばらに分枝し,アザミに似た羽状全裂の葉を互生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒゴタイ
ひごたい
[学]Echinops setifer Iljin

キク科の多年草。茎は太くて筋張り、高さ約1メートル、毛を密生し、白色である。葉は羽状に深く裂け、裂片に欠刻と刺(とげ)があり、アザミの葉に似る。葉の表面は緑色で薄いくもの巣状の毛を生じる程度であるが、裏面は白色の綿毛を密生する。8~10月、茎頂または枝先に、多数の頭花が集まって径約5センチメートルの球状の花をつける。頭花は1個の管状花からなり、花冠は濃い淡青色で、先は深く5裂し、裂片は反り返る。総包は16~18枚、覆瓦(ふくが)状に並び、先は芒(のぎ)状にとがる。痩果(そうか)は毛を密生する。冠毛は鱗片(りんぺん)状の毛が中部以下で合生し、冠状になる。日当りのよい草原に生え、中部地方、中国地方、四国、九州、および朝鮮半島に分布するが、きわめてまれである。ヨーロッパ原産の近縁種ルリタマアザミE. ritro L.やE. sphaerocephalus L.は切り花用に栽培される。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒゴタイの言及

【トウヒレン】より

…トウヒレンの〈飛廉〉はヒレアザミに用いられた日本の漢字名であるが,トウの由来はよくわかっていない。分類が困難なこともあって,〈ヒゴタイ〉〈アザミ〉などの名が,いくつもの近縁属にわたって混乱して使用されている。 古くはトウヒレンはセイタカトウヒレンS.tanakae Fr.et Sav.を指していた。…

※「ヒゴタイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒゴタイの関連情報