コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒドロキシルアミン ヒドロキシルアミンhydroxylamine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒドロキシルアミン
hydroxylamine

化学式は NH2OH 。非常に吸湿性の強い無色の結晶。融点 33.05℃。不安定で空気中では比較的すみやかに分解し,加熱や紫外線により爆発する。オキシムを合成する際の重要な試薬で,ナイロンの製造に工業的に使用されている。血液に対する毒作用が強く,皮膚に付くと発疱作用を示す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒドロキシルアミン【hydroxylamine】

化学式NH2OH。アンモニアの一つのHをOHで置換してできる無色の針状結晶。融点33℃,沸点58℃(22mmHg,分解が始まる)。潮解性が強い。水,メチルアルコールと任意の割合で混合する。不安定な物質で,室温でも湿気や二酸化炭素が存在すると徐々に分解し,加熱すると激しく爆発する。水溶液も不安定であるが,濃度60%では安定。液体のヒドロキシルアミンは溶媒として水に似ており,KI,KCN,KBr,NaNO3,Ba(NO3)2,NaClなど多くの無機塩を溶かすことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒドロキシルアミンの関連キーワードジメチルグリオキシム化学的変異誘発原カルボニル化合物ニトロベンゼンヒドロキサム酸アセトフェノンベンズアニリドアルドキシムロッセン転位ニトロ化合物アミノ化合物ヒドロキシ基アルデヒドトルイジンニトロソ化カルボニル脱水反応アミノ基キノン危険物

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android