コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒバオア島 ヒバオアとうHiva Oa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒバオア島
ヒバオアとう
Hiva Oa

南太平洋,フランス領ポリネシアのマルキーズ諸島最大の島。面積 200km2。火山島で中央山脈の最高点は 1260m。その周囲には肥沃な台地が開ける。熱帯気候に属し,高温多雨で年平均気温は 26℃,年降水量は 750~2500mm。台地ではウシ,ヤギ,ウマが飼育される。南岸のトレイター湾は,周囲を高さ 900mの山に囲まれた良港で,おもにココナッツ製品を輸出する。主要集落はアトゥアナで,E.H.P.ゴーガンの埋葬地として知られる。人口 1671 (1988) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒバオア‐とう〔‐タウ〕【ヒバオア島】

Hiva Oa》南太平洋、フランス領ポリネシア、マルケサス諸島に属する島。火山島であり、周囲に寒流が流れ、サンゴ礁は発達しない。最高峰はテメティウ山(標高1200メートル)。地形は険しく、土壌が豊かで、コプラを産する。画家ゴーギャンが晩年に移住し、同地で没した。中心地は南岸のアツオナ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ヒバオア島の関連キーワード高木 正孝タアオアプアマウ台地

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android