コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメイエバエ Fannia canicularis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメイエバエ
Fannia canicularis

双翅目ヒメイエバエ科。かつてはハナバエ科に属していたが,独立した科として扱われている。体長 7mm内外,体は灰褐色で細長く,胸背に3本の黒色縦条があり,雄では腹部第2~3節背面両側に黄白色斑がある。世界各地に産し,室内で空中の一定の場所を飛ぶ。卵は鶏舎の腐敗した動植物に産みつけられることが多い。 (→ハエ , ハナバエ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒメイエバエ

双翅(そうし)目ヒメイエバエ科の昆虫の1種。ほとんど全世界に分布。体長6mm内外。灰褐色,腹部の両側に黄紋がある。幼虫は腐敗物や糞(ふん)中にすみ,土中蛹化(ようか),成虫は春〜秋に発生し,樹陰屋内に飛来する衛生害虫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ヒメイエバエ

 [Fannia canicularis].ハエ目ハエ亜目ヒメイエバエ科のハエ.消化器系の伝染病を媒介する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメイエバエ
ひめいえばえ / 姫家蠅
[学]Fannia canicularis

昆虫綱双翅(そうし)目環縫(かんぽう)亜目ヒメイエバエ科に属する昆虫。体長5~7ミリの小形種。細長く扁平(へんぺい)な腹部をもつ。雄の腹部は細長く、基部節の両側は黄褐色を呈し、雌では鶏卵形で幅広く、暗灰色で斑紋(はんもん)を欠く。はねの中脈は一直線状。幼虫は普通のウジと異なり、全体に特徴ある棘(とげ)に覆われていて、動きは不活発である。便所、漬物の糠床(ぬかどこ)、みそ樽(だる)、ごみため、畜舎などに発生するが、比較的乾燥した部分を好む。成虫は家屋内に侵入し、電灯の紐(ひも)などの垂れ下がった物の周りを飛び回って、特有の飛び方をする。日本にはこのほかに、中脛節(ちゅうけいせつ)にこぶがあるコブアシヒメイエバエF. scalaris、雄の腹部が全体黒色のクロヒメイエバエF. priscaなど3種の近縁種が民家周辺に普通にみられる。世界中の温帯から寒帯にかけて約220種が分布する。[倉橋 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒメイエバエの関連キーワードハエ(蠅)蠅取り器倉橋

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android