コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメジョオン(姫女菀) ヒメジョオンdaisy‐fleabane

1件 の用語解説(ヒメジョオン(姫女菀)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメジョオン【ヒメジョオン(姫女菀) daisy‐fleabane】

道ばたや荒地に多い北アメリカ原産のキク科の一年草ないし越年草(イラスト)。明治維新前後に渡来し,今では各地で野生状態となっている。若芽はゆでて浸し物,あえ物として食用にできる。北アメリカでは結石の薬または利尿剤として使われた。茎は直立し,高さ1.5mに達する。根生葉は長柄を有し,卵形で,あらく鋭い鋸歯縁となる。茎葉は倒披針形で,互生し,質はうすく,両面に毛がある。花期は6~10月。茎上部で分枝し,径2cmくらいの頭花を多数つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone