コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒャクニチソウ(百日草) ヒャクニチソウ youth‐and‐old‐age

1件 の用語解説(ヒャクニチソウ(百日草)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒャクニチソウ【ヒャクニチソウ(百日草) youth‐and‐old‐age】

夏の長い間,美しい花を咲かせつづけるキク科の一年草(イラスト)。ヒャクニチソウ(ジニア)属Zinniaの植物は主としてメキシコに約15種が分布するが,本種は最も大輪で,1862年(文久2)以前にアメリカから渡来したといわれ,チョウキュウソウ(長久草)と呼ばれていた。ウラシマソウ(浦島草)の名もある。現在栽培されている園芸品種は,1856年フランス八重咲きが出たのをはじめとして,アメリカで大輪系に改良が進み,世界各国で夏花壇の花として発達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒャクニチソウ(百日草)の関連キーワードイキシア蒲公英色竜胆色言葉に花を咲かす咲く死に花を咲かせる摘蕾花を咲かせる射干無駄花

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone