ヒャクニチソウ(百日草)(読み)ヒャクニチソウ(英語表記)youth‐and‐old‐age

世界大百科事典 第2版の解説

ヒャクニチソウ【ヒャクニチソウ(百日草) youth‐and‐old‐age】

夏の長い間,美しい花を咲かせつづけるキク科一年草(イラスト)。ヒャクニチソウ(ジニア)属Zinniaの植物は主としてメキシコに約15種が分布するが,本種は最も大輪で,1862年(文久2)以前にアメリカから渡来したといわれ,チョウキュウソウ(長久草)と呼ばれていた。ウラシマソウ(浦島草)の名もある。現在栽培されている園芸品種は,1856年フランスで八重咲きが出たのをはじめとして,アメリカで大輪系に改良が進み,世界各国で夏花壇の花として発達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android