コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラシマソウ

百科事典マイペディアの解説

ウラシマソウ

サトイモ科テンナンショウ属の多年草。北海道〜九州北部の平地〜低山地の野原林下にはえる。葉は鳥足状の複葉で,15〜16個の小葉からなる。4〜5月,紫黒色の仏炎包が出,中に肉穂花序をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラシマソウ
うらしまそう / 浦島草
[学]Arisaema thunbergii Bl. subsp. urashima (Hara) Ohashi et J. Murata

サトイモ科の多年草。球茎があり、多数の子球をつけて繁殖する。葉は1枚、偽茎は短く、葉身は多数の小葉を鳥足状につける。花期は4~5月。仏炎包(ぶつえんほう)は紫褐色で筒部は白色を帯びる。花序付属体は全体に平滑で、先が細長く伸びて糸状となり長さ30センチメートルに達する。北海道から中国地方に分布し、林下や林縁に生える。亜種のナンゴクウラシマソウsubsp. thunbergiiは四国、九州とその周辺地域に分布し、付属体の下部の太い部分が通常乳白色で、ひだ状の細突起を密生し、葉にしばしば白色の斑(ふ)があることで区別される。また、九州南部および山口県には、全体に小形で、仏炎包内面に丁字(ていじ)形の白斑(はくはん)があるヒメウラシマソウA. kiushianum Makinoがある。和名は、糸状の付属体を浦島太郎の釣り糸に例えたものである。[邑田 仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウラシマソウの言及

【テンナンショウ】より

…この群にはミミガタテンナンショウA.limbatum Nakai et F.Maek.(関東山地,東北や四国の一部)やナガバマムシグサA.undulatifolium Nakai(伊豆地方)など地方的な種が知られている。 ウラシマソウA.urashima Hara(イラスト)は花序の付属体が糸状に長く伸び出し垂れ下がる。種子は発芽1年目は地中に小さな球茎を形成するだけで,葉が地上に展開するのは第2年目からという特異な特徴をもつ。…

※「ウラシマソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウラシマソウの関連キーワードテンナンショウ(天南星)ヒャクニチソウ(百日草)雌雄異株蛇腰掛天南星藪蒟蒻百日草蛇草

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウラシマソウの関連情報