コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラタムシ ヒラタムシCucujidae; flat bark beetle

3件 の用語解説(ヒラタムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラタムシ
ヒラタムシ
Cucujidae; flat bark beetle

鞘翅目ヒラタムシ科の昆虫の総称。微小ないし中型の甲虫で体はきわめて扁平で細長い。大腮は強固。触角は糸状,じゅず状またはやや棍棒状で 10~11節から成り,前頭の側縁から生じる。前肢の基節窩は後方に開き,前・中肢基節は球形で後肢基節は横長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒラタムシ

ヒラタムシ科の甲虫の総称。大部分の種類は著しく扁平。主として枯木の樹皮下にすみ,他の昆虫を捕食するが,枯葉中や家屋内にすむ種類もある。赤褐色で体長5mm内外の微小種が多いが,ルリヒラタムシ(体長25mm)など青色で美しいものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラタムシ
ひらたむし / 扁虫

昆虫綱甲虫目ヒラタムシ科Cucujidaeに属する昆虫の総称。世界中の樹木のある地帯に広く分布している。数百種が知られており、日本からは二十数種が記録されている。体長1~30ミリぐらい。著しく平たい体をもつ甲虫で多少とも角張っている。長方形ないし細長形、触角は普通は糸状、脚(あし)(ふせつ)は五節であるが、雄の後脚では四節。成虫・幼虫とも樹皮下の生活に適応しており、菌類や腐朽した植物質を食べるものや、肉食性でほかの虫をとらえるものがある。小形のチビヒラタムシ類のなかには、貯蔵穀類(おもに穀粉)や加工食品に発見され、分布が広く、害虫として注目される種類も少なくない。日本産でもっとも大きいルリヒラタムシは体長20ミリを超え、ベニヒラタムシ、エゾベニヒラタムシと同じく倒木上や樹皮下に発見されるが、近年は減少している。チビヒラタムシ類も枯れ木の樹皮下などにすむが、種類が多い。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone