コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒレンジャク Bombycilla japonica; Japanese waxwing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒレンジャク
Bombycilla japonica; Japanese waxwing

スズメ目レンジャク科。全長 15~18cm。頭上に,後方へ向かって先のとがった冠羽(→羽冠)があり,その基部に黒い過眼線がある。喉も黒い。羽色は冠羽を含み,頭部,胸,背から背面はぶどう色を帯びた褐色で,過眼線の上下が赤味を,上尾筒が青味を帯びている。腹部は両脇が灰色を帯びたぶどう色で,中央が淡い黄色。下尾筒は赤い。尾は黒く,先端が鮮紅色。大雨覆羽の先は暗い紅色。風切羽は灰色で,初列風切羽の先は白く,次列風切羽の先は赤い。シベリア東南部,中国北東部,サハリン北部の針葉樹林で繁殖し,繁殖後はサハリン南部,日本,朝鮮半島,中国南東部へ渡る(→渡り鳥)。日本には秋に小群で落葉樹林や雑木林,農耕地などに渡来する。春の渡り前には市街地にもよく現れる。越冬期はおもに果実や漿果(→液果)を採食し,越冬地でもその作柄が悪いとよい地域へ移動する。春は木の芽,樹液,花などを食べる。「ひーひー」または「しーしー」と聞こえる低い声で鳴く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒレンジャク

レンジャク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒレンジャク
ひれんじゃく / 緋連雀
Japanese waxwing
[学]Bombycilla japonica

鳥綱スズメ目レンジャク科の鳥。アジア大陸極東部に分布し、日本には冬鳥として渡来する。繁殖習性についてはほとんど知られていない。全長17.5センチメートル。全身ほぼブドウ色を帯びた灰褐色で、腹は薄い黄色。頭に冠羽をもち、のど、過眼線は黒色。尾の先端が鮮赤色なのでこの名がある。冬と春は木の実を主食としており、市街地の家の庭にもよく群れで現れるが、年により渡来数に差が多い。近年、激減している。[柳澤紀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒレンジャクの言及

【レンジャク(連雀)】より

…ユーラシア大陸および北アメリカの亜寒帯北部で繁殖し,日本には冬鳥として渡来する。ヒレンジャクB.japonica(英名Japanese waxwing)(イラスト)は全長約19cm,羽色は前種によく似ているが,名のように尾の先端が鮮やかな赤(緋)色である。シベリア南東部で繁殖し,日本には冬鳥として渡来する。…

※「ヒレンジャク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒレンジャクの関連キーワードキレンジャク連雀

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android