コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒロハシサギ ヒロハシサギ Cochlearius cochlearius; boat-billed heron

2件 の用語解説(ヒロハシサギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒロハシサギ
ヒロハシサギ
Cochlearius cochlearius; boat-billed heron

ペリカン目サギ科。全長 46~54cm。背面は灰色,頭上は青黒色で,冠羽(→羽冠)があり,は長さが約 7.5cm,幅が 5cmもある平たく独特な形をしている。腹は赤褐色を帯びる。メキシコからアルゼンチン北部まで分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒロハシサギ
ひろはしさぎ / 広嘴鷺
boat-billed heron
[学]Cochlearius cochlearius

鳥綱コウノトリ目サギ科の鳥。全長約50センチメートル。一見ゴイサギに似ているが、スプーン状の幅広い嘴(くちばし)が特徴である。頭上、冠羽、後頸(こうけい)、わきは黒く、額、顔、頸(くび)は白色ないしクリーム色。背以下の背面は灰色、腹は栗(くり)色をしている。メキシコからアルゼンチン北部まで分布し、マングローブ林などにすんでいる。習性は夜行性で、昼間はマングローブ林で休み、夕方から夜にかけて湿地や川辺に出て小魚、水生昆虫、小エビなどをあさる。繁殖は集団で行い、小枝を雑に組み合わせた皿形の巣を樹上にかける。1腹の卵は2~4個、抱卵期間は約20日。動物園などでまれに飼われている。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒロハシサギの関連キーワード鰹鳥中鷺樏兎跳兎灰色ペリカンペリカン果実MIXペリカンクリーミィソープペリカンムテンカペリカーノペリカン目

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone