コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒロハシサギ ヒロハシサギCochlearius cochlearius; boat-billed heron

2件 の用語解説(ヒロハシサギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒロハシサギ
ヒロハシサギ
Cochlearius cochlearius; boat-billed heron

ペリカン目サギ科。全長 46~54cm。背面は灰色,頭上は青黒色で,冠羽(→羽冠)があり,は長さが約 7.5cm,幅が 5cmもある平たく独特な形をしている。腹は赤褐色を帯びる。メキシコからアルゼンチン北部まで分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒロハシサギ
ひろはしさぎ / 広嘴鷺
boat-billed heron
[学]Cochlearius cochlearius

鳥綱コウノトリ目サギ科の鳥。全長約50センチメートル。一見ゴイサギに似ているが、スプーン状の幅広い嘴(くちばし)が特徴である。頭上、冠羽、後頸(こうけい)、わきは黒く、額、顔、頸(くび)は白色ないしクリーム色。背以下の背面は灰色、腹は栗(くり)色をしている。メキシコからアルゼンチン北部まで分布し、マングローブ林などにすんでいる。習性は夜行性で、昼間はマングローブ林で休み、夕方から夜にかけて湿地や川辺に出て小魚、水生昆虫、小エビなどをあさる。繁殖は集団で行い、小枝を雑に組み合わせた皿形の巣を樹上にかける。1腹の卵は2~4個、抱卵期間は約20日。動物園などでまれに飼われている。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone