コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒ酸 ヒさんarsenic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒ酸
ヒさん
arsenic acid

五酸化二ヒ素水和物,化学式 As2O5・nH2O 。オルトヒ酸は 15℃以下で,2H3AsO4・H2O(=As2O5・4H2O) の組成をもつ,無色透明な微小の板状晶で,やや潮解性。融点 35.5℃,比重 2.0~2.5。水,アルカリ溶液,アルコール,グリセリンに可溶。三塩基酸であるが,リン酸よりは弱い。有機色素工業,ヒ素製剤の原料に用いられる。有毒である。 (酸化ヒ素 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ヒ酸

 H3AsO4 (mw141.93).木材の防腐剤や医薬の製造の原料などに使われる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒ酸
ひさん
arsenic acid

ヒ素のオキソ酸の一つ。化学式H3AsO4。オルトヒ酸ともいう。五酸化二ヒ素の水和物As2O5を水に溶かすと生成することからAs2O5そのものを無水ヒ酸ないしはヒ酸のように誤称することがある。三酸化二ヒ素または金属ヒ素を濃硝酸で酸化し濃縮する、あるいは五酸化二ヒ素As2O5を水に溶かして得られる。水溶液を30℃で結晶させると0.5水和物H3AsO40.5H2Oが得られる。潮解性で水に易溶。オルトリン酸よりやや弱い三塩基酸。電離定数はK1=5×10-3,K2=4×10-5,K3=6×10-10(25℃)。ヒ酸は酸性溶液で酸化剤となり、ヨウ化物イオンをヨウ素に定量的に酸化する。0.5水和物は100℃で三ヒ酸H5As3O10となり、500℃に加熱すると五酸化二ヒ素と水に分解する。殺虫剤、殺鼠(さっそ)剤として使われるほか、有機色素工業や有機および無機のヒ素製剤の原料となる。亜ヒ酸と同様有毒である。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒ酸の関連キーワード砒酸ヒ(砒)酸酸化砒素

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒ酸の関連情報